知悦此の生き物・不思議物語

岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピスト フォトグラファー 写真日記

21 2017

雨の日のネイチャーセンターにて

雨の日は、ご無沙汰していたネイチャーセンターと図書館に行く。
夕方からのご予約にも間に合って私の脳も大喜びするから・・

ネイチャーセンターでは雨のせいか餌場にはカワラヒワのご夫婦だけが
向日葵の種を食べていた。しばらく立ってしっぽの先を折ったリスが降りて
きて向日葵の種をかなり食べて食べて満腹だろうと思いきや、それでもまだ
満足しないと見えてヒヨドリも見向きもしなくなったリンゴをしゃきしゃきと
美味しそうに食べてクルミの木に登っていった。

学芸員の方の説明では何か尻尾を怪我する事件があって、とても警戒心が
強くなっているらしい・・・耳の毛も無くなって本格的夏毛になったそうだ。

昨日公園に行ったら白いチョウのような蛾が集団で飛び交っていたので
名前を聞いたら、キイロアシドクガだと教えて頂いた。成虫には毒は無いが
幼虫には毒があって鳥も喜んで食べないのだろう・・・と。
子育てのタンパク質が必要な小鳥にはお母さんが毒を解毒して与えている
のだろう。人間が薬を掛けなくとも自然はきちんとバランスをとっている。

しかし、「白いチョウのサンバ」では無いが一斉にふかして交尾し産卵する様は
なんとも幻想的でもあった。写真に撮れないのが残念。と思ったら1匹だけ
降りてきて草のところで「撮って撮って」と言っているのでパチリ。確かに
足が黄色い。羽を広げるとチョウのようだが蛾です。

1797.jpg

1794.jpg

1796.jpg

1798_20170621234718cf2.jpg

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
19 2017

脳が喜ぶこと、心地よいこと。

1793.jpg

現代の病気の原因の90%がストレス由来と言われ不快と感じる事で
緊張状態が続いて自律神経やホルモンのバランスが崩れる事に原因があること
が分かってくると、自分の生き方や考え方を真摯に見直す時期にさしかかってきて
いるのだろうと気づかされる。

私が20年前にハーブの仕事を始めて、珍しさもあってか、講習会に呼ばれる事が
とても多かった。どこでもハーブが売られ、家々の庭にはハーブが植えられ
ハーブは流行のように扱われ、もてはやされた。しかし、使い方について詳しく
知る方は少なく、更には増えて困るなどと言う苦情も出る始末。

ハーブは薬草で有り、衣食住に使われる有用植物で更に癒しの草でもある。
ストレス由来の病気は不快な刺激があまりに多く、自分の命が「いい加減にして欲しい」
とストライキを起こしたような物だ。脳は快眠、快便、快食などの五感からの快の刺激を
欲しているので美味しい、きれい、良い香りなどを無視した使い方はなかなか効果が
出にくい。

森にも公園にも薬用植物(ハーブ)は沢山ある。飲んだり食べたり使ったりしなくとも
光を感じてきれいだと感激したり、驚いたり、香りにうっとりしたりそんなことも命の脳は
満足するのだ。ハーブを植えている方は、まず、立ち止まって、触って欲しい。
香りを嗅いでそのハーブのかわいらしさを愛でて、深呼吸するだけで脳はとても喜ぶのだから。

心と身体と肌に有用性のあるハーブが最も得意な事は脳に心地よいと感じさせる事だ。
そのためには、心地よく使う方法を一番に知って欲しいと願う。情報が多い分
ご自分の命の心地良さを突き詰めてはいかがだろう。脳は、物を買ったり食べたりするだけ
ではもう満足できないのかも知れない。

写真は森の宝石ウグイスカグラ(ネイチャーセンターの学芸員の方に後日教えて頂いた)

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

18 2017

自分と向き合う

1791.jpg

自分と向き合うのは、なかなか勇気のいることだと思います。

情報過多でストレス時代の今日、それでも自分の命が
立ち止まって自分を見つめることを命じたら、こんな静かな
明るい木漏れ日の場所で考える事を止めて感じる事が
必要なのかも知れません。

梢を渡る風の爽やかさや水面の揺らぎ、名も知らぬ小鳥のさえずり
どこからともなく香る木々の花、少しだけあゆみを止めてぼーっとすることが
現代人にとって一番必要な自分と向き合うことなのでは無いでしょうか。
それは、自分の脳が自分の命が求めていることでもあります。

そうする内に命の脳は必ず大切な事を気づかせてくれるはずです。

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

16 2017

縁の下の力持ち

1789.jpg

森を散歩するたのしみは色々な生物と出逢うこと。
この小さなキノコはシュウマイの皮のお菓子みたいで面白い。

1790.jpg

または、クラゲみたいだ。豊かな土を作る上で必要な菌や微生物が
ここには沢山いて森を作り上げている。去年の落ち葉もお陰でだんだん
細かくなって栄養豊かな土になる。。キノコは秋ばっかりのものじゃ無いんだね。
みんな、役目がある縁の下の力持ち。

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
16 2017

ベリーの思い

1788.jpg

森の中をお散歩していたら可愛い赤い実がキラキラ輝いていた。
小さな小さな赤い実、ヒョウタンボクの実だろうか。
6月の美しい緑の光の中で揺れる赤い実。
小鳥たちに「美味しいよ食べてちょうだい」とアピールしている実。

これから種の旅が始まる。どこで発芽できるかワクワクしてしまうね。

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
16 2017

ハーブを愉しむ会6月例会

1786.jpg

1787.jpg

本日の爽やかな6月のハーブのワイルドガーデンで10名の方に
集まって頂き、活動をしました。

5月に植えたハーブたちもほとんど根付いたようでホッとしました。
6月は通常雨が多く、ハーブが蒸れないように風通しが良くなるように
スギナやハルジオンを整理して更に、関村先生に草刈り機で刈り込みを
して頂きました。

管理から自然の循環を大切にするために、できる限り多種類の生息環境に
し、植物が十分な水分を摂取出来るように健康な土と植物にする目的を
持つナチュラルなワイルドガーデンが早く多くの方に賛同して頂けるように
努力中です。

更に、滝沢市の都市政策課の課長さん始め職員の方々が出て下さり
一緒に作業が出来たことは嬉しい事でした。今日の草取りの草は
たい肥になります。ただ、集まった方々の写真を撮り忘れてしまいました。

皆さんに感謝します。大変ありがとうございました。

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ