Index

2877: この道はいつか来た道

この道はいつか来た道ランキングサイトに参

  •  -
  •  -

2876: カエルとカマキリ、ハチにトンボ

ハーブガーデンでカエルと虫を見つけた。カ

  •  -
  •  -

2875: 命の営みを学ぶ池

小さいとき、家の近くに池があって、近所の

  •  -
  •  -

2874: ハーブを愉しむ会7月例会

ワイルドガーデンとなって初めてのハーブを

  •  -
  •  -

2873: 森の特等席

ここで読んでみたいと思った本を何時間でも

  •  -
  •  -

2872: クリの赤ちゃん

速くもクリの赤ちゃんが誕生している。花か

  •  -
  •  -

2871: 君の名は

森の中に咲いている花と言ったらウバユリと

  •  -
  •  -

2869: 「オリンピックに緑陰を」を聴いて

ラジオで深夜便を聴いていたら、千葉大学の

  •  -
  •  -

2868: 7月20日はハーブを愉しむ会

毎日暑い日が続きますがハーブを愉しむ会の

  •  -
  •  -

2867: 森のオオウバユリ

薄暗い森の中でオオウバユリの花がラッパを

  •  -
  •  -

2866: 自他共に元気!

動けない植物にとって自分の種族を繁栄させ

  •  -
  •  -

2865: 夏の光と影

イロハモミジが可愛い手をぱっと開いて太陽

  •  -
  •  -

2864: つらい夏の冷え

夏場の冷えはつらい。アロマ館もデトックス

  •  -
  •  -

2863: 命のあり方

 脱皮する命。土の中から大空へ。体内時計

  •  -
  •  -

2862: 風と緑と瀬音に癒されて

昨日とはうって変わって風が涼やかです。日

  •  -
  •  -

2861: 涼しい森

図書館で「夏を涼しく過ごす方法」という本

  •  -
  •  -

2860: 八幡平の夏

久しぶりに八幡平に行ってきました。北欧に

  •  -
  •  -

2859: 七夕の月

七夕の日に月を撮りました。今回の水害で九

  •  -
  •  -

2858: 雨上がりの森

雨上がりの森はしっとりしていて木肌が黒々

  •  -
  •  -

2857: 森のハーブ達

ハーブ名セルフヒール。日本名ウツボグサ。

  •  -
  •  -

2855: 頑張ったらゆっくりする

あっという間に時間が過ぎて行くと感じた事

  •  -
  •  -

2854: 同じようで同じで無い不思議

同じケヤキの木が整列しているけれどみんな

  •  -
  •  -

2851: 何気ない風景

何気ない風景に癒されます。小さいときから

  •  -
  •  -

2850: サヨナラ6月

森の池では一杯トンボが生まれてすいすい飛

  •  -
  •  -

2849: 今年植えたハーブ達

今回植えたハーブ達のことが気になって時々

  •  -
  •  -

2848: 光と風のガーデン

仕事を終えていくと5時頃になるけれど、滝

  •  -
  •  -

2847: 心がきれいになる森の力

何時間でもそこにいたくなるような空間光が

  •  -
  •  -

2846: ワイルドガーデンの立て札

午後から滝沢市のハーブガーデンに寄ってみ

  •  -
  •  -

2845: 不思議な生物たち

毎日のように時間を見つけては写真を撮って

  •  -
  •  -

2844: 自己主張

桑の実が色好き始めました。実家の庭にもあ

  •  -
  •  -

2843: 森の生き物たち

食物連鎖で言えば、この森の頂点に立つ生き

  •  -
  •  -

2842: ハーブのワイルドガーデン

6月のハーブワイルドガーデンは実に美しい

  •  -
  •  -

2841: 憧れのワイルドガーデン

森の中の草原がいつの間にかお花畑になって

  •  -
  •  -

2840: 白いヤマボウシがピンクに

白い雪のようだと思っていたヤマボウシがピ

  •  -
  •  -

2839: 雨の日のネイチャーセンターにて

雨の日は、ご無沙汰していたネイチャーセン

  •  -
  •  -

2838: 脳が喜ぶこと、心地よいこと。

現代の病気の原因の90%がストレス由来と

  •  -
  •  -

2836: 自分と向き合う

自分と向き合うのは、なかなか勇気のいるこ

  •  -
  •  -

2835: 縁の下の力持ち

森を散歩するたのしみは色々な生物と出逢う

  •  -
  •  -

2834: ベリーの思い

森の中をお散歩していたら可愛い赤い実がキ

  •  -
  •  -

2833: ハーブを愉しむ会6月例会

本日の爽やかな6月のハーブのワイルドガー

  •  -
  •  -

2832: 6月15日はハーブを愉しむ会です。

速い物で月の第3木曜日のハーブを愉しむ会

  •  -
  •  -

2831: 東京セラピー

偶数月に恒例となった東京セラピーもお陰様

  •  -
  •  -

2830: 13日まで出張します。

テマリカンボクの名のとうり、白い手まりの

  •  -
  •  -

2829: 赤い実の木の上でムクドリ対談

アロマ館のある、ホテル東日本の13階から

  •  -
  •  -

2828: 自然の中で対話する

自然の中で対話をしたら戦争は無くなるので

  •  -
  •  -

2827: 森のヤマボウシ

森にヤマボウシの白い花が雪のように咲いた

  •  -
  •  -

2826: 水無月の水面(みなも)

6月になって、梅雨に入ったような天気が続

  •  -
  •  -

2825: 6月のスイレン池

この池がモネの描く池になるには、スイレン

  •  -
  •  -

2824: メタセコイヤの葉

生きた化石といわれるメタセコイヤの葉は他

  •  -
  •  -

2823: リンデンバームの花

森にリンデンバームの花が咲きそうだ。盛岡

  •  -
  •  -

2822: カキツバタの似合う季節に

水辺にカキツバタの似合う季節となった。ラ

  •  -
  •  -

2821: カワトンボにあった

沢の近くでカワトンボにあった。帰って図鑑

  •  -
  •  -

2820: 秋が突然

森の中を歩いていたら突然秋が訪れたように

  •  -
  •  -

2819: 森の中の白い花

森の中は、今の季節あまりに緑がきれいなの

  •  -
  •  -

2818: 岩手県北上市口内地区 みのり塾 講習会 ハーブティでリラックス

本日は北上の口内地区の交流センターの、み

  •  -
  •  -

2817: 朴の花の思い出

朴(ほう)の花が咲き始めた。大きな白いマ

  •  -
  •  -

2816: ヤマツツジの頃

ヤマツツジは鮮やかなオレンジ色のツツジ」

  •  -
  •  -

2815: 緑への郷愁

太鼓の昔、生命は海の中に藻のような形で発

  •  -
  •  -

2814: 共存共栄

クルミの太い木にこれまた太い山藤の蔓が巻

  •  -
  •  -

2812: 初夏に咲く思い出の花

思い出をたどると初夏に咲く花はタニウツギ

  •  -
  •  -

2811: 雑木林でホンサナエトンボに出逢う

夕方からのセラピーに備えて体力を温存しよ

  •  -
  •  -

2810: 森の不思議・春ゼミのぬけがら

今日初めて、森の中から春ゼミの鳴き声を聞

  •  -
  •  -

2809: 皐月色の水面

秋とは違う水面が青葉のグラデションで爽や

  •  -
  •  -

2808: 渋民保育園でアロマタッチセラピーの講習会

本日は五月晴れのなか渋民保育園の講習会に

  •  -
  •  -

2807: ハーブを愉しむ会5月例会

初夏を感じさせる風薫る季節にハーブを愉し

  •  -
  •  -

2806: ハーブを愉しむ会5月例会

五月も速い物で中旬となり、新緑の香りも更

  •  -
  •  -

2805: 小さな舞鶴草

針葉樹の林床にマイズルソウを発見。鶴が舞

  •  -
  •  -

2804: モダンなマムシグサ

今の季節、山を歩くとマムシグサに出逢いま

  •  -
  •  -

2803: ヤマモミジのグラデーション

ヤマモミジの葉が五月の光に輝いている。光

  •  -
  •  -

2802: フデリンドウの碧

野鳥の森を歩いていたら下草の中から碧い花

  •  -
  •  -

2801: アカゲラに遭遇

野鳥の森でアカゲラに遭遇しました。鳥の写

  •  -
  •  -

2800: ハウチワカエデの愛

雨に濡れたハウチワカエデの花を撮るつもり

  •  -
  •  -

2799: クロモジの精油の夢

森や林を歩くとクロモジが多いことに気がつ

  •  -
  •  -

2798: 色の名前

山は今、萌葱色(もえぎいろ)と桜色と浅緑

  •  -
  •  -

2797: 高原の春

北国の春はシラカバやブナの芽吹きが美しい

  •  -
  •  -

2796: 上房の桜

遅い春に凜として咲く草原の一本桜が好きだ

  •  -
  •  -

2795: 森は生きている

もうすっかり桜は終わったかと思ったら八幡

  •  -
  •  -

2794: レンズ雲

夕方、吊し雲の仲間にあった。雲の辞典を見

  •  -
  •  -

2793: 雨に煙る池

人気の無い公園でたたずむと静けさの中に小

  •  -
  •  -

2792: 雨の中のツツジ

葉桜もいよいよこの雨で散ってしまい、代わ

  •  -
  •  -

2791: 岩鷲の勇姿

今まで幾人かの岩手県人に岩鷲山とも言われ

  •  -
  •  -

2790: うつむく花

うつむいている花が森の中にあった。まだ名

  •  -
  •  -

2789: 新緑の清々しさに癒されて

岩手県は山も森も多く、緑の大地と言える。

  •  -
  •  -

2788: 五月の光の中で

大根の花に似たアブラナ科ムラサキハナナが

  •  -
  •  -

2786: ミツガシワはハーブ

岩手大学の池の近くにミツガシワの群落が花

  •  -
  •  -

2785: オシドリのご夫婦

生徒さんに触発されて鳥の写真を撮るように

  •  -
  •  -

2784: 母はつよし。

五月に入り、「目に青葉山ホトトギス初鰹」

  •  -
  •  -

2783: スポットライトをあびたボケ

ふとみたら、小さなボケの花にスポットライ

  •  -
  •  -

2782: 白いボケの花

赤いボケの花の側に白いボケが咲いた。大き

  •  -
  •  -

2781: 宝物は自分の中に

山吹が咲き競っていた。山吹の花は私たちの

  •  -
  •  -

2780: リンゴの花と光源社

久しぶりで材木町の光源社に立ち寄った。夕

  •  -
  •  -

2779: 掛け軸から抜け出して

ヒヨドリと桜が、掛け軸のようだった。この

  •  -
  •  -

2778: 五月の風と光の中で

今日は定休日ゆったりと写真が撮れる。五月

  •  -
  •  -

2777: 道ばたの桜

「3日見ぬまの桜かな」・・・・と昔の人は

  •  -
  •  -

2776: 幸せな記憶

桜の木の下で嬉しそうな子供の顔を見るとほ

  •  -
  •  -

2775: 葉桜の頃

葉桜になると一般にはもう桜は終わったと言

  •  -
  •  -

2774: ボケの花

バラのような椿のようなボケの花にであった

  •  -
  •  -

2772: ドラマティックな岩手山

岩手山はどこから見ても惚れ惚れする山だ。

  •  -
  •  -

2771: ピンクのグラデーション

通りすがりの道路脇に見事な桜が咲いていた

  •  -
  •  -

2769: 果てしない大空と

空気が澄み渡り、雲も思い思いの形で遊ぶ。

  •  -
  •  -

2768: 春の喜び、誕生日を迎えて

手袋もマフラーもいらない季節。うららかな

  •  -
  •  -

2767: 主役と脇役

美しい桜を引き立たせているのが下草の緑だ

  •  -
  •  -

2766: 華の艶

桜はたいした花だ。咲いても風に舞っても、

  •  -
  •  -

2765: 桜吹雪

夕暮れ時、一陣の風が立ち、花びらが舞った

  •  -
  •  -

2763: 水の中で咲く

雨風に枝を折られたのだろうか。水に落ちて

  •  -
  •  -

2762: 桜吹雪の旅

一陣の風に桜吹雪が舞い、水に吸い込まれた

  •  -
  •  -

2761: 清廉な桜

清々しい桜の生き様があった。ランキングサ

  •  -
  •  -

2760: 心に染みる景色

  •  -
  •  -

2759: 桜と岩手山のツーショット

八幡平から見た岩手山に桜が彩りを添える。

  •  -
  •  -

2758: ヤドリギは・・・

樺の木に大きなヤドリギが丸く寄生していた

  •  -
  •  -

2757: 木の肌品評会

雑木林ではこの春の木の肌品評会が行われま

  •  -
  •  -

2756: 夢見るように咲く花

光と戯れる水芭蕉。頬をなでる風はまだ冷た

  •  -
  •  -

2755: つまらなそうな桜

折角きれいに咲いたのに雨が降ったから子供

  •  -
  •  -

2754: 寂び寂びと桜

静かな夕暮れの公園の桜。今日の桜は寂び寂

  •  -
  •  -

2752: ヒメシデコブシ

盛岡では、早春のコブシの花も終わりを告げ

  •  -
  •  -

2751: 満開の桜

花咲かじいさんが灰をまいたら枯れ木に花が

  •  -
  •  -

2750: モミジの花

桜が満開の公園に春の日を浴びて紅葉の花が

  •  -
  •  -

2749: スズメ春を喜ぶ

ランキングサイトに参加しております。クリ

  •  -
  •  -

2748: 桜色

桜色は人を幸せにしてくれる色。だから桜を

  •  -
  •  -

2746: 見守る岩手山

私的に見ると八幡平側の岩手山の雪渓はツル

  •  -
  •  -

2745: 桜、桜、見に行かん

桜は年々歳々好きになる花です。生意気な中

  •  -
  •  -

2744: 八幡平雪の回廊

良い天気になり仕事も早く終わったので八幡

  •  -
  •  -

2743: ホシガラスに逢えた

ホシガラスを八幡平で見ることが出来ました

  •  -
  •  -

2742: 夢見るチェリーブロッサム

写真の先生から花を撮る時は女の人を撮るよ

  •  -
  •  -

2740: 桜梅桃杏(おうばいとうり)

野に山に町に花咲く春が約束通りやってきま

  •  -
  •  -

2739: 花と鳥と風と雨と

花鳥風月を愛でる余裕が現代人なら多くの人

  •  -
  •  -

2738: 桜花咲く

北国盛岡にも桜がさきました。人々は待ち構

  •  -
  •  -

2737: ハーブを愉しむ会4月総会

昨日とはうって変わり良いお天気になりまし

  •  -
  •  -

2736: 4月20日(木)はハーブを愉しむ会例会

あれよあれよという間に桜の咲く季節となり

  •  -
  •  -

2735: 雪解け水の中の水芭蕉

夕方、八幡平に行ったら雪解け水の流れる場

  •  -
  •  -

2734: 春の妖精

キクザキイチゲの花が枯葉の間から顔を見せ

  •  -
  •  -

2733: コブシ咲く故郷

梅と時期を同じくしてコブシの白い花が咲き

  •  -
  •  -

2732: 梅の香り

ふくよかな香りがあたりに漂う。甘くて懐か

  •  -
  •  -

2731: 早春の花 クロモジ

高級爪楊枝のことを「黒文字」と言う事を亡

  •  -
  •  -

2729: 1本の桜の古木の生き方

岩手公園の桜の古木を見ていたら幹から出る

  •  -
  •  -

2728: スズメのレストラン

苔むした紅梅の古木にスズメ達がせわしく飛

  •  -
  •  -

2727: 春の序曲

ハナカイドウの新芽と共に可愛いピンクの蕾

  •  -
  •  -

2726: カワラヒワの黄色の羽根

カワラヒワの隠れた美しさを一度写真に納め

  •  -
  •  -

2725: 岩手公園の春

仕事が終わったら良い具合に雨が上がりまし

  •  -
  •  -

2724: 梅一輪一輪ほどの暖かさ

盛岡でやっと梅の花に出逢いました。今日の

  •  -
  •  -

2723: 岩手山の針葉樹の森

八幡平を前方に、岩手山を左に見たとき私は

  •  -
  •  -

2722: 八幡平の雪解け

1週間留守にしていたら八幡平の雪がかなり

  •  -
  •  -

2721: スズメの子 踏ん張って生きる

春といえど北国の春は足踏み状態。強い向か

  •  -
  •  -

2720: 神田川のお花見のコガモのご夫婦

お陰様で桜の花咲く東京から帰って参りまし

  •  -
  •  -

2719: 11日まで出張します。

急に春めいてきて木々の芽もさぞかし驚いて

  •  -
  •  -

2718: 冬から春へ

各地で花の便りが届く頃、北国盛岡では頬を

  •  -
  •  -

2716: サンシュユの不思議

岩手公園のサンシュユが咲き始めました。い

  •  -
  •  -

2715: シジュウカラ、スズメに習う

岩手公園でシジュウカラが石垣に登って苔の

  •  -
  •  -

2714: 桜と見紛う

紅葉の若芽が萌えていて、この場所だけほん

  •  -
  •  -

2713: 竹の秋

岩手公園の笹竹の葉が黄葉していました。あ

  •  -
  •  -

2712: 岩手公園の春

市役所に用事があって出かけたついでに岩手

  •  -
  •  -

2711: アオゲラ参上!

昨日アカゲラに逢えて感涙したばかりなのに

  •  -
  •  -

2710: 岩手公園のカーペンターズ

仕事が一段落してまだ空が明るいので、今日

  •  -
  •  -

2709: ノスリ発見!

八幡平の原野で猛禽類のノスリに逢えた。雪

  •  -
  •  -

2708: シジュウカラのかくれんぼ

シユウカラ「かくれんぼ。たのしいな」私「

  •  -
  •  -

2706: まん丸なスズメ

岩手公園では、ほとんど雪がなくなったけれ

  •  -
  •  -

2705: セキレイのんびりゆっくりする

北上川でセキレイが水浴びをしていた。しか

  •  -
  •  -

2704: 満ち足りること

アロマ館のあるホテル東日本の向にある桜城

  •  -
  •  -

2703: 冬は必ず春となる

八幡平の県民の森から見る岩手山はとりわけ

  •  -
  •  -

2702: オオバン、オオバンを諭す

高松の池でもお馴染みのオオバン。「だから

  •  -
  •  -

2701: 白鳥も少なくなった高松の池で

すっかり静まりかえった高松の池でマガモが

  •  -
  •  -

2700: 岩手山麓の春の芽吹き

しばらくパソコンを修理に出していたので大

  •  -
  •  -

2699: これってウドンゲの花?

柏の木で苔を観察していたらなんだかウスバ

  •  -
  •  -

2698: 岩手公園のアセビの蕾

風はまだ刺すように冷たいが耳当てとマフラ

  •  -
  •  -

2697: ハーブを愉しむ会3月例会

風はまだ冷たいものの、岩手山がくっきりと

  •  -
  •  -

2696: 3月9日(木)はハーブを愉しむ会

三寒四温の今日この頃、体調管理が大切です

  •  -
  •  -

2695: どこかで春が生まれてる

山の3月。雪がすぐに溶けて雨だれを作って

  •  -
  •  -

2694: 霧にむせぶヤドリギ

盛岡では春を呼ぶ雨が降り、八幡平では春を

  •  -
  •  -

2693: イギリス海岸界隈

イギリス海岸に流れる水流。冬から春に変わ

  •  -
  •  -

2692: 松にヒヨドリ

岩手公園を娘と散歩していて出逢ったヒヨド

  •  -
  •  -

2691: 個体差は個性

散歩でツグミのツグミンに2回出逢った。違

  •  -
  •  -

2690: 実るほど頭を下げるコツボゴケ

とんがり帽子が傾いて胞子体の緑の部分が膨

  •  -
  •  -

2689: 八幡平でボンネットバスに遭遇

昔懐かしいボンネットバスが八幡平を走って

  •  -
  •  -

2688: ヤドリギは考えた

ヤドリギは考えた。冬に一杯光合成をしてお

  •  -
  •  -

2687: 冬から春へ

八幡平では何度となく繰り返されるなごり雪

  •  -
  •  -

2686: ヤドリギの黄葉

クリスマスに好まれた緑の葉のヤドリギが春

  •  -
  •  -

2685: 春を呼ぶコブシの蕾

雪国の春を知らせるコブシの蕾が大きく膨ら

  •  -
  •  -

2684: 野菜の花

春が近づいてくると体が緑の野菜を欲する。

  •  -
  •  -

2683: シクラメンの香りと種と

私が好んで買うのは小さなミニシクラメン。

  •  -
  •  -

2682: 命の躍動

午前中に降り始めた雪も夕方にはすっかり溶

  •  -
  •  -

2681: 3月3日の水鳥達

カワアイサのご夫婦はとても仲良しです。い

  •  -
  •  -

2680: ヤドリギの生き方

寄生植物のヤドリギがたわわに実を付けてキ

  •  -
  •  -

2679: 春を待つ岩手山

この季節、八幡平から岩手山を見ると私は雪

  •  -
  •  -

2678: 北帰行の準備

白鳥がシベリアに旅立つ準備を始めた。それ

  •  -
  •  -

2677: 春の夕暮れ

雪国の人の春を感じる気持ちは敏感です。頬

  •  -
  •  -

2676: この子の瞳

ほっぺは茶色だけれど頭はまだ茶色になりき

  •  -
  •  -

2675: 碧くなる雪

寒いと氷は碧くなることを岩手に来て知った

  •  -
  •  -

2674: 光と風と誰かの足跡

春が近づいたせいか影に混ざって動物の足跡

  •  -
  •  -

2673: 岩手公園にて

太陽のお陰で雪が溶けてきた。そのせいでぬ

  •  -
  •  -

2672: 春の光線と人の手のぬくもり

入り組んだ渓谷に太陽の光線が春の光を投げ

  •  -
  •  -

2671: 青空の心

スコーンと晴れた日の雪原を見るのは心が弾

  •  -
  •  -

2670: 光と風の造形

光と影太陽と風自然が作る造形に魅了される

  •  -
  •  -

2669: 雪原に春の兆し

どんな過酷な環境の中にも幸せを感じられる

  •  -
  •  -

2668: 春の陽

太陽の光が雪に反射して眩しい。風に舞う雪

  •  -
  •  -

2667: 雨水(うすい)の頃

雪が雨に変わり、氷が解け始めて春が一歩近

  •  -
  •  -

2666: 雨雪の後のスズメ

物の本によると体温の高い鳥類の中でも特に

  •  -
  •  -

2665: 静寂の中で

ただ、黙々と春を待つ植物たち。それでも小

  •  -
  •  -

2664: 写真もアロマセラピーも人生もバランス感覚

日本列島は本当に面白いです。もう梅や桜が

  •  -
  •  -

2663: 春の先取り

今の季節、東京に行く密かな楽しみは春を先

  •  -
  •  -

2662: 闇から浮かぶ光の規律

夜の光も美しいと感じた。人工物にも光が当

  •  -
  •  -

2661: 豪雪

雪が解けない屋根に更に雨雪が積もる。雪国

  •  -
  •  -

2660: 肝っ玉母さんの木

ヤドリギの生命力には驚かされます。と同時

  •  -
  •  -

2659: 東京の春一番

出帳から帰りました。東京は春一番が吹き荒

  •  -
  •  -

2658: つぐみんの踏ん張り

つぐみのつぐみんにも個体差があると思う。

  •  -
  •  -

2657: 雪解けの滴

岩手公園の苔むした東屋の屋根から雪解けの

  •  -
  •  -

2656: 2月16日はハーブを愉しむ会です。

ほんの少し春の足音が聞こえてきた今日この

  •  -
  •  -

2655: ダイサギ春に向かって羽ばたく

ダイサギが群れも作らず一羽で明日に向かう

  •  -
  •  -

2654: 枯れ色の彩

何気ない枯れた草が美しく蘇る時、私の嬉し

  •  -
  •  -

2653: 春の生まれる所

春が生まれるとしたらこんな水辺かな・・と

  •  -
  •  -

2652: 春は空からやってくる

この季節、街中では昨日の雪がすでに無く、

  •  -
  •  -

2651: ヒヨチャンの巣立ち

ヒヨドリの巣が北上川の芦の茂みや、ネコヤ

  •  -
  •  -

2650: カワラヒワご一行様

アロマ館 ランキングサイトに参加しており

  •  -
  •  -

2649: 春の雪に咲く

サンシュユの赤い実がまるで早春の花のよう

  •  -
  •  -

2648: 如月の草木

写真なのに絵を描いているような気がする。

  •  -
  •  -

2647: 雪祭り光と影

アロマ館 ランキングサイトに参加しており

  •  -
  •  -

2646: 雪祭りの出店

じゃがバターやさん。アロマ館 ランキング

  •  -
  •  -

2645: 春待ち木立

何回目かの雪に絶えて梢に灯がともるように

  •  -
  •  -

2643: 孤高のカワラヒワ

不思議な鳴き方をしている鳥がいるなと思っ

  •  -
  •  -

2642: 黄金のユリノキ

夜空に浮かび上がる黄金のユリノキ。ライト

  •  -
  •  -

2641: 雨雪

アロマ館 ランキングサイトに参加しており

  •  -
  •  -

2640: 静寂の林

静寂の林の中にたたずむと木々の息吹が聞こ

  •  -
  •  -

2639: 自己主張

モノクロの世界の中で木についた苔が彩りを

  •  -
  •  -

2638: 雪模様

ランキングサイトに参加しております。クリ

  •  -
  •  -

2637: なごり雪

アロマ館 ランキングサイトに参加しており

  •  -
  •  -

2636: 青の風景

アロマ館 ランキングサイトに参加しており

  •  -
  •  -

2635: 冬の牧場

冬の荒涼とした牧場が好きだ。緑の牧場で草

  •  -
  •  -

2634: 春を呼ぶ雪

春が近いことを雪が教えてくれる。水分を多

  •  -
  •  -

2633: 春を呼ぶシラカバ

雪国は春の気配がよくわかる。ほんの一瞬、

  •  -
  •  -

2631: 一日の王たらんと・・

日本の名随筆集の「山」の中で尾崎喜八が「

  •  -
  •  -

2630: 高松の池の来訪者

白鳥の行進。ミコアイサが高松の池に来てい

  •  -
  •  -

2629: 寒風の中の馬

この寒空の中で放牧されている馬たちがいた

  •  -
  •  -

2628: 凜として立つ

色の無い北国の季節にも春分の声を聞くとわ

  •  -
  •  -

2627: 裸木の輝き

節分が過ぎ、今日は春分、暦の上では立派な

  •  -
  •  -

2625: 海のまっしろしろすけ

久しぶりに海を見ていたら「まっくろくろす

  •  -
  •  -

2624: 大船渡でアロマセラピー講習会

2月2日は岩手県高等学校教職員組合、気仙

  •  -
  •  -

2623: 2月1日の雪

昨日、散歩に行って寒いと感じたら今日は雪

  •  -
  •  -

2622: 雪の花

雪が降った朝はまるで木々に花が咲いたよう

  •  -
  •  -

2621: コガモ絶えきれず逃亡

北上川は今日もとうとうと流れています。対

  •  -
  •  -

2620: セキレイの独り言

  •  -
  •  -

2619: 冬のネコたち

河原から岩手公園をお散歩すると時々ネコに

  •  -
  •  -

2618: 低体温は免疫力を低下、冷えにご注意

多くの鳥たちが寒空に重力に逆らってすぐに

  •  -
  •  -

2617: ツグミンはマイペースで平和主義

つぐみのツグミンはマイペースな鳥です。冬

  •  -
  •  -

2616: ヨシの茂みの奥で

今日はお天気は良かったものの寒さは骨身に

  •  -
  •  -

2615: 学びましょう森で

八幡平の森林ふれあい館で見つけた動物の足

  •  -
  •  -

2614: 思い出の中の雪の情景

子供の頃、よく兄に「歌声喫茶」に連れてい

  •  -
  •  -

2613: 岩手公園の不思議

真冬の岩手公園を歩いていると色々な不思議

  •  -
  •  -

2612: あなたは段々眠くなーる

アロマ館のあるホテル東日本の裏地に、なん

  •  -
  •  -

2610: 良い加減はバランス感覚

「良い加減をモットーにしています」と言う

  •  -
  •  -

2609: ハーブを愉しむ会石けん作り

本日の石けん作りは猿橋先生の元、とても愉

  •  -
  •  -

2608: アロマセラピー臨床現場の大切さ

アロマセラピストのプロ養成講座を受講する

  •  -
  •  -

2607: 冬の情景

真冬の情景が好きです。ぴーんと張り詰めた

  •  -
  •  -

2606: 明日はハーブを愉しむ会1月例会です。

雪の中でもタンポポが健気に綿毛を飛ばそう

  •  -
  •  -

2605: コガモの風切羽根の色の変化

同じコガモでも風切り羽根の色が角度によっ

  •  -
  •  -

2604: ぬくぬくスズメ

スズメA「寒いから歌でも歌おうよ」スズメ

  •  -
  •  -

2603: スズメの学校

先生「みなさーん、寒いけれど元気に外であ

  •  -
  •  -

2602: 鳥物語 スズメのお宿

真冬日の河原でスズメがイネ科の植物の種を

  •  -
  •  -

2601: 鳥インフルエンザの影響と免疫力

高松の池は例年に比べればとても静かです。

  •  -
  •  -

2600: 寒気団の彩り

寒気団が居座る中を高松の図書館に本を返し

  •  -
  •  -

2599: 今年一番の寒気団

今年一番の寒気団がやってきたそうだ。凍て

  •  -
  •  -

2598: 北上川物語

仕事が一段落したので外に出ました。外は薄

  •  -
  •  -

2597: 良い日旅立ち

ガガイモの種が風を待って旅立とうとしてい

  •  -
  •  -

2596: ヤドリギが冬に元気なわけ

インフルエンザが猛威をふるっている様子で

  •  -
  •  -

2595: 冬の舞

まだ冬ですよ・・と言わんばかりに雪が降っ

  •  -
  •  -

2594: 鳥物語 立ち止まるカモ

この写真だけを見ると哀愁をおびてロンリー

  •  -
  •  -

2593: 冬のたのしみは

雪も降らず、水鳥も小鳥にも逢えない冬の日

  •  -
  •  -

2592: 生き物物語 「お呼びでしょうか」

小雨降る運動公園、仕事に向かう途中リスさ

  •  -
  •  -

2591: 春の兆しのネコヤナギ

新春にふさわしく河原にはネコヤナギがお目

  •  -
  •  -

2590: カモの楽園

北上川にはカモの楽園があります。30数羽

  •  -
  •  -

2588: 所沢市で落ち葉を使った循環型たい肥農法

ラジオを聞いていたら埼玉県所沢市で江戸時

  •  -
  •  -

2587: ワクワクすると脳は喜び若返る

北上川に珍しいコガモがペアーで来ていまし

  •  -
  •  -

2586: ドングリの成長

秋口に八幡平から拾ってきたドングリから根

  •  -
  •  -

2581: 薬の副作用とアロマセラピー

ニュースを聞いていたら薬の副作用の話をし

  •  -
  •  -

2580: 頑張ったからゆっくりする

自分に甘いところがある私はすぐに頑張った

  •  -
  •  -

2579: 飛躍の年

新年3日の鳥物語です。ビービーと騒ぎなが

  •  -
  •  -

2578: 明けましておめでとうございます。

新春のお慶びを申し上げます。昨年中はアロ

  •  -
  •  -

2577: 感謝の気持ちを写真に変えて

今日で今年も終わります。アロマ館は今日が

  •  -
  •  -

2576: 仕事大好き

私は仕事が好きです。・・・といつも胸を張っ

  •  -
  •  -

2574: マイペースなシメ

  •  -
  •  -

2573: イチョウの実が今頃落ちた

岩手公園に仕事の合間に散歩に行ってきまし

  •  -
  •  -

2572: 宵の明星のお出まし

夕方の西の空に光り輝いて見える金星。宵の

  •  -
  •  -

2569: スズメが食べていた苔の胞子

岩手公園の石垣に生えていた苔です。スズメ

  •  -
  •  -

2568: スズメがロッククライマーに成った日

スズメA「うんしょうんしょ。僕たちロック

  •  -
  •  -

2567: クリスマスケーキのような岩手山

今日はクリスマスサンデー。世界が平和であ

  •  -
  •  -

2566: ワイルドなクリスマスツリー

もみの木にキカラスウリがまるでクリスマス

  •  -
  •  -

2565: モグラの良いとこ探し

モグラの穴の写真を取ってみたは良いのです

  •  -
  •  -

2563: どこに埋めたっけ

「たしかこのへんだとおもったけどないんだ

  •  -
  •  -

2562: 寒さはストレス

高松の池の北側が凍っていました。ガマが冬

  •  -
  •  -

2561: つぐみのつぐみん高松の池に参上

高松の池の図書館に本を返しに行った時に偶

  •  -
  •  -

2559: ヤドリギはハーブか

冬景色になった落葉樹の梢に丸く緑色の葉の

  •  -
  •  -

2558: 冬の情景

雲が太陽を隠そうとしますが、太陽は負けじ

  •  -
  •  -

2557: ヤドリギの根性

ヤドリギは半寄生植物で有りながら西洋では

  •  -
  •  -

2555: 幻灯のような雪の思い出

12月になって雪が降るとなんだかホッとし

  •  -
  •  -

2554: 12月ハーブを愉しむ会リースづくり

いよいよ冬になりました。ハーブを愉しむ会

  •  -
  •  -

2553: 2月15日はハーブを愉しむ会です。

早い物で12月も第3週のハーブを愉しむ会

  •  -
  •  -

2552: 鳥との対話

エナガ「どこに行ってきたの」私「お仕事」

  •  -
  •  -

2551: 毎日口に出して言う言葉は

桃色のお月様が見れました。雲が赤くなって

  •  -
  •  -

2550: 元始、女性は太陽だった!

冬の太陽はありがたい。イソップの童話「北

  •  -
  •  -

2548: 冬の桜咲く公園はわくわく一杯

仕事前の今日の一写は県立美術館や子供科学

  •  -
  •  -

2547: 老化と生きがい

最近見たDVDで葉っぱを売って年収2億の

  •  -
  •  -

2546: 今日という日の出逢いの不思議

     今日の空はどんな色だったか。今

  •  -
  •  -

2545: 言葉を交わす

仕事が一段落したので河原に行ってみたら、

  •  -
  •  -

2544: 命からのメッセージ

自分の命はいつも自分自身に話しかけている

  •  -
  •  -

2543: 石垣に苔が生える不思議

頬に当たる風が冷たくなりましたが、首回り

  •  -
  •  -

2541: 癒されると治る不思議

癒しの仕事を30年近くさせて頂いています

  •  -
  •  -

2540: アロマセラピーで脳内モルヒネを出す

麻薬の常用性が脳を破壊する事を知ってか知

  •  -
  •  -

2539: 優しい気持ちの連鎖

アロマセラピーで体が癒されると心まで優し

  •  -
  •  -

2538: 今日のダイサギ

東京で初雪が降ったと言うニュースを尻目に

  •  -
  •  -

2536: 人それぞれの心のゆとり

心と身体が一緒であることはセラピーをする

  •  -
  •  -

2535: 病気の予防にアロマセラピー

過度な緊張が色々な病気を作ることは、「心

  •  -
  •  -

2534: 鳥物語「ねえ、元気出してよ」

マガモ「何があったか知らないけれど、元気

  •  -
  •  -

2533: リスのかくれんぼ

リスA 「ここにいるよ-」「はやくみつけ

  •  -
  •  -

2531: モノトーンの先に

今年の秋は思う存分仕事をしながら美しい木

  •  -
  •  -

2530: 守り合う木、いだき合う木

見た瞬間すごいなと思った。若木が老木を守

  •  -
  •  -

2528: ホッと一息

初冬というより晩秋の色濃い八幡平。憧れの

  •  -
  •  -

2527: 雨宿り

雨降りの日も写真を撮れるのはありがたいこ

  •  -
  •  -

2526: スパッツをはいた冬芽

つい最近まで赤い実をたわわに付けていたガ

  •  -
  •  -

2525: 一握りの土になる為に

セラピストで有りながら土について考え、自

  •  -
  •  -

2524: 落ち葉の役目

山では落ち葉が茶色になって腐葉土となり人

  •  -
  •  -

2522: ハーブを愉しむ会11月例会

本日は今年最期の外での活動をしました。新

  •  -
  •  -

2520: 可愛い冬芽

なんて可愛い冬芽なんでしょう。こんなにあ

  •  -
  •  -

2519: 明日はハーブを愉しむ会11月例会です。

明日は10時からハーブを愉しむ会のボランテ

  •  -
  •  -

2518: センスオブワンダー

今日の風で木の葉が飛んでいく。美しく装い

  •  -
  •  -

2517: 「望み葉」の美学

散り際を美しくと考えるのは日本人のDNA

  •  -
  •  -

2516: まだ眠らない木々

そろそろ見納めの紅葉だろうか。人影も無く

  •  -
  •  -

2515: スズメの冬支度

まん丸に太ったスズメが青々とした葉を茂ら

  •  -
  •  -

2514: 今年紅葉は花になった

花としか言えないイロハモミジの紅葉です。

  •  -
  •  -

2513: 愛らしいイロハモミジ

まるで千代紙を見ているようなイロハモミジ

  •  -
  •  -

2512: 街中の彩り

アロマの生徒さんが出しているAOというフ

  •  -
  •  -

2511: 君は君、我は我、されど仲良き

「君は君、我は我、されど仲良き」武者小路

  •  -
  •  -

2510: 自然体であることは

小さい時から、自然から学べと言われ続け、

  •  -
  •  -

2509: 愚痴やぼやきを別な物に変換するために

科学的に見て愚痴やぼやきは自分の命を決し

  •  -
  •  -

2508: 雪の八幡平

今日はアロマ館の定休日なので写真の師匠に

  •  -
  •  -

2507: 朱燃える

美しい物は美しいと感動します。それが季節

  •  -
  •  -

2506: ひよちゃんの上にも雪が降る

ヒヨドリの幼鳥でしょうか2羽で飛んだり枝

  •  -
  •  -

2505: 高松の池に冬到来

図書館の本の返却をしながら高松池の冬到来

  •  -
  •  -

2504: 森の王様の王冠

黄色は光の色だと教わりました。だからどん

  •  -
  •  -

2503: 雨に咲く

季節とは不思議な物だ。春から夏へ秋から冬

  •  -
  •  -

2502: 晩秋に歌う

晩秋の雨は心が落ち着きます。もうすぐ冬が

  •  -
  •  -

2501: モダンアート

世の芸術は多くが自然を模倣しているそうで

  •  -
  •  -

2497: 一服の絵

ヒヨドリジョウゴも晩秋には一服の絵になる

  •  -
  •  -

2496: 水辺の晩秋

瀬音と木々の色づきが深まり行く秋の風情を

  •  -
  •  -

2495: 錦の裾模様

落葉松の銀の針とハウチワカエデがまるで着

  •  -
  •  -

2494: アースカラー

この季節、私のたのしみの一つは自然に立ち

  •  -
  •  -

2493: 鎧のような服

この可憐な植物のがくはまるで戦国時代の武

  •  -
  •  -

2492: クスサンの繭

クスサンは幼虫はくりけむしと呼ばれて繭か

  •  -
  •  -

2491: 脳の疲れを取ると

脳の疲労が認知症や病気の原因に成っている

  •  -
  •  -

2490: 白銀の冠

岩手山に雪の冠が立派です。惚れ惚れするお

  •  -
  •  -

2489: 丸坊主のプラタナスの街路樹

みごとにバッサリここまで切るかという位の

  •  -
  •  -

2488: 冬到来八幡平

八幡平に雪が降ったというので撮影のお誘い

  •  -
  •  -

2487: クロロフィルの変化

緑、赤、黄色・・・・って信号の色・・光の

  •  -
  •  -

2486: 雨上がりの11月1日

雨上がりの外に出ました。完全防寒対策でぽ

  •  -
  •  -

2485: 北上川物語

雨上がりの北上川を息抜きに散策していたら

  •  -
  •  -

2484: 柿がなる

柿が鈴なりになっていました。持ち主の無い

  •  -
  •  -

2483: 有り難う10月

今日で10月も終わりです。雨降りで寒く、

  •  -
  •  -

2482: 腹巻きの木

美しい紅葉と白樺の並木。しかし、この腹巻

  •  -
  •  -

2480: 雑木林で遊ぶ

癒しのスポットは雑木林。どんぐりや、松か

  •  -
  •  -

2479: 一期一会の秋

セラピーの時間が空いたときに撮る紅葉。そ

  •  -
  •  -

2478: 色、いろいろ。人、色々

ハウチワカエデの葉がいろいろに黄葉あるい

  •  -
  •  -

2477: フクロウの顔の木

本当のことを言うと蔦の冬芽があんまり可愛

  •  -
  •  -

2476: 木もご災難

ふと見たら、チョコレートのようなサルノコ

  •  -
  •  -

2475: 森を作る生物たち

雑木林できれいな紫色の茸を見つけた。根の

  •  -
  •  -

2474: 驚きと喜び

毎日近くの公園で木々の色づきの変化を見て

  •  -
  •  -

2473: 夢の中の風景

情緒のある写真を撮りたいと望んでいるせい

  •  -
  •  -

2471: エネルギッシュ

このヤマモミジ達は葉柄が赤く色ずき、冬芽

  •  -
  •  -

2470: きれいと思うだけで

五感という感覚は快か不快かで神経を緩和も

  •  -
  •  -

2469: 落ち葉と枯れ葉の違い

今年の夏が異常気象だったためか、はたまた

  •  -
  •  -

2468: 桜紅葉咲く

桜の紅葉が咲きました。日本では紅葉を咲く

  •  -
  •  -

2466: レンギョが咲きました!

中央公園でレンギョの葉が紅葉していました

  •  -
  •  -

2465: めくらぶどう

本来の名前はノブドウ。宮沢賢治が「めくら

  •  -
  •  -

2464: 秋のテッセン

テッセンが咲いていた。夏の盛りよりすこし

  •  -
  •  -

2463: 寝癖のキンクロハジロにちょっかいをだす・・

オナガガモ「ひさしぶりだね、寝癖治らない

  •  -
  •  -

2461: 冬枯れの山

すでに葉を落としている木々に混ざって花の

  •  -
  •  -

2460: 初めまして、白鳥の子供です。

初めまして。白鳥の子供です。最近家族でシ

  •  -
  •  -

2459: 風に立つオシドリ

高松の池にも白鳥や水鳥が飛来してきました

  •  -
  •  -

2458: 円熟と情熱

昨年の秋から緑の中の紅葉が素晴らしく美し

  •  -
  •  -

2457: 凍れる月影

月が凍り付いた日でした。遠くで犬の遠吠え

  •  -
  •  -

2455: 天狗のうちわ

天狗の持つうちわに似ているからハウチワカ

  •  -
  •  -

2454: 命の循環

秋のメランコリックのもっと深いところには

  •  -
  •  -

2453: 生きる

枯れ野の中につぶらな瞳の一輪の野菊を見つ

  •  -
  •  -

2452: 最期の一葉

最期に残ったからってそんなに悲しまないで

  •  -
  •  -

2451: 翼よあれがパリの灯火だ!

私は紅葉のヘリコプター。リンドバーグには

  •  -
  •  -

2450: 雨粒の行方

蓮池に雨が降りました。しばらく蓮の葉の上

  •  -
  •  -

2449: 自然の妙

雨上がりの木の幹のつややかな黒色に木々の

  •  -
  •  -

2448: 光の子達

ほんのすこし、光が黄色に色づいた桜の葉に

  •  -
  •  -

2447: 冬がやってくる

花紅葉が曇り空に咲き誇る一方、葉を落とし

  •  -
  •  -

2446: それぞれの秋

空気が変わって寒くなってきました。今年元

  •  -
  •  -

2445: 時雨

時折時雨れる秋の天気。カモ1羽の風情。時

  •  -
  •  -

2444: 散る前の輝き

真っ赤な紅葉です。今日の風はとても冷たく

  •  -
  •  -

2443: ハーブガーデンの赤い実

たわわに実ったローズヒップとサンザシの実

  •  -
  •  -

2442: ハーブを愉しむ会10月例会

本日は時折時雨れる中、沢山の会員さんと都

  •  -
  •  -

2441: ヒヨドリジョウゴ、もみの木を覆う

進化といいますか、能力開発と言いますか、

  •  -
  •  -

2440: キノコのパン屋さん

キノコが発酵したパンのように膨らんでいま

  •  -
  •  -

2438: 明日はハーブを愉しむ会10月例会です。

早い物で先月のハーブを愉しむ会から1ヶ月

  •  -
  •  -

2437: 紅葉したいのしたくないの?

一つの紫陽花で紅葉するかしないかを決める

  •  -
  •  -

2436: 赤くならなくとも

今年は異常気候のせいかこんなシックな紅葉

  •  -
  •  -

2435: 栃の木と柏の木

トチ「僕たちはもう来年の冬芽の準備をした

  •  -
  •  -

2434: 水辺の小さな秋

水辺での小さな秋。年を重ねるごと朽ちてい

  •  -
  •  -

2433: 過剰な心配

赤い実に誘われて側まで行ってみました。葉

  •  -
  •  -

2432: 高松の池の秋

アシの茂みが生成り色に染まり、ナナカマド

  •  -
  •  -

2431: かわいいね!

このあまりにもつぶらな芽はいったい何でし

  •  -
  •  -

2430: 赤いキャンドル

早くも葉を落として冬の準備をしている植物

  •  -
  •  -

2429: 万葉にトリップ

立派な紫式部にであった。粒が大きいからオ

  •  -
  •  -

2428: 曇り日の彩

秋を撮るには今日の様な曇りの日が最適だ。

  •  -
  •  -

2427: モミジもカエデも同じメープル

モミジもカエデの仲間なんだって。外国では

  •  -
  •  -

2426: 心置きなく

誰も見向きもしないけれど、自分でも最期ま

  •  -
  •  -

2425: 岩手公園の紅葉

素晴らしいお天気が続きます。岩手公園でも

  •  -
  •  -

2424: 指が無いカエデ

林業試験業で珍しいかえでに出会いました。

  •  -
  •  -

2423: 砂糖かえで

砂糖かえでが美しく燃えています。この木の

  •  -
  •  -

2422: 水の浄化

10月の高松池の水面に針の様な落葉松の葉

  •  -
  •  -

2421: 若返りのハーブ月見草

月見草または宵待草は本来梅雨明けから夏場

  •  -
  •  -

2420: 東京でホトトギスに出会った!

東京でホトトギスの花に出会いました。ホト

  •  -
  •  -

2419: 知らないことが一杯

夕暮れ時、アベリアの良い香りに誘われてホ

  •  -
  •  -

2418: 神田川沿いの花と鳥

2ヶ月に1度東京でセラピーやプロ養成講座

  •  -
  •  -

2417: エノコログサの歌

ネコジャラシとも言われていますがこの季節

  •  -
  •  -

2416: ヤマイモの願い

私はヤマイモです。秋になると葉が黄色くな

  •  -
  •  -

2414: 波紋のスパイラル(渦巻き)ツアー

プラスのスパイラルの行き先は希望と目標の

  •  -
  •  -

2413: 軌道修正の小さな秋

月が澄み渡り、木々の葉が美しく色づくほど

  •  -
  •  -

2412: 出逢い

金色の光の中で泳ぐカモは今自分たちがスポ

  •  -
  •  -

2411: インターネット復活

この数日、インターネットが使えずメールで

  •  -
  •  -

2409: トンビの独り言。俯瞰(ふかん)する。

ぼく、トンビ。岩手山が昔爆発した所まで飛

  •  -
  •  -

2408: 立ち枯れ

この季節、立ち枯れた紫陽花の色にもなにか

  •  -
  •  -

2407: 妖精のランプ

木の幹に苔がびっしり。夜になったら胞子が

  •  -
  •  -

2406: 逆光

10月になって空気が澄んで秋らしく成って

  •  -
  •  -

2405: 無心でする。

リスが無心で栗を土に埋めている。命の声が

  •  -
  •  -

2404: カモの教訓「がんばったらリラックス」

「とても歩きやすい道である。」「行き止ま

  •  -
  •  -

2403: 9月最期の落日

今日で9月も終わりです。図書館に本を返し

  •  -
  •  -

2402: 岩手山までリレーだ!

かもA「岩手山までリーレーだ!!」かもA

  •  -
  •  -

2401: リスの危機管理

リスさん達は大忙しです。木の実がある内に

  •  -
  •  -

2400: 金木犀が咲きました。

息子が息を切らして電話をくれたのです。「

  •  -
  •  -

2399: 今はもう秋ですよ。

タンポポに黄色いちょうちょ・・って春っぽ

  •  -
  •  -

2398: オーガニックフーズ

秋の野はやっぱり野生はこうじゃないとね。

  •  -
  •  -

2397: この花何の花?

ヒント1・・つぼみのねじを緩めると白いラ

  •  -
  •  -

2396: 葉っぱのお役目

桜の葉「私たちは、夜温度が8度位になると

  •  -
  •  -

2395: あんまりだ!

牧野富太郎博士の命名で私たちは「ママコノ

  •  -
  •  -

2394: 生き物物語 「う!まぶしい」

カモ「う!まぶしい」金の鯉「サングラスで

  •  -
  •  -

2393: 人間はやさしい?

カモ「ねーねー。何たべてんの?」スズメ「

  •  -
  •  -

2391: あ!きのこがひっくりかえってた。

散策していたらキノコがひっくり返っていた

  •  -
  •  -

2390: 生き物物語 秋に生きる

ヤマガラ一句 「秋来たり 早く木の実が食

  •  -
  •  -

2389: 多面的な存在との共生

岩手公園で美しい蜘蛛の巣を見た。かなり根

  •  -
  •  -

2388: 物語の始まりは

物語の始まりは白樺林のすぐ近く紅葉した桜

  •  -
  •  -

2387: 空に大きな穴があきまして

空に大きな穴があきまして静かに一日が暮れ

  •  -
  •  -

2386: マリーゴールドの蕾のピースポーズ

北上川の河川敷にマリーゴールドが一杯咲い

  •  -
  •  -

2385: ツリフネソウの知恵

お口を開けてトラマルハナバチを待っている

  •  -
  •  -

2384: マムシグサの性転換

滝沢のハーブ公園の上に雑木林があってそこ

  •  -
  •  -

2383: ギンドロの道

岩手銀行本店から川沿いに歩いてみるとキン

  •  -
  •  -

2382: 岩手公園のねこストーリー

ネコ「獲物だわ。ぬきあしさしあし・・・」

  •  -
  •  -

2381: 快食、快眠、快便、適当な運動

生きる上で大切な事はリスから教わりました

  •  -
  •  -

2380: ワルナスビの名付け親は・・

かの牧野富太郎博士が美しさを愛でた物の、

  •  -
  •  -

2378: はがきの木、タラヨウ

岩手公園のタラヨウに実がなっていた。次第

  •  -
  •  -

2377: 魔法の杖イタドリ

秋風が立つ河原にイタドリが白い可愛い花を

  •  -
  •  -

2376: シロソウメンダケの不思議

ムーミンに出てくる可愛い妖精ニョロニョロ

  •  -
  •  -

2375: ハーブを愉しむ会9月例会

爽やかな秋風の吹く中ハーブを愉しむ会のボ

  •  -
  •  -

2374: 明日はハーブを愉しむ会9月例会です。

夏が過ぎハーブガーデンにも秋が忍び寄って

  •  -
  •  -

2373: ヒヨドリジョウゴの謎

散歩をしていると空き地や河原にどこでもは

  •  -
  •  -

2372: 日本人の心

日本の赤は奥が深い。柿右衛門は柿の色を出

  •  -
  •  -

2371: ヒマラヤシーダー物語

この木と球果は私のあこがれだった。球果は

  •  -
  •  -

2370: ドングリの木、カシワ

岩手公園で柏餅の柏の木が秋の日に照らされ

  •  -
  •  -

2369: キササゲの実

盛岡に嫁いで来て腎炎をわずらいました。疲

  •  -
  •  -

2368: 岩手公園の色づき

台風の影響で暑かったり涼しかったりで岩手

  •  -
  •  -

2367: アップルミントのある風景

アロマ館のあるホテル東日本のすぐ近くに小

  •  -
  •  -

2366: セラピストの勉強会

本日は北上の野の花館さんがお勉強に来て下

  •  -
  •  -

2365: 生き物ストーリー(カワセミの願い)

カワセミ「あの赤いお魚に挑戦するぞ!!」

  •  -
  •  -

2364: ガガイモの花

よく見るとなかなか素晴らしい造形をしてい

  •  -
  •  -

2363: リスさんも色々

クルミをおいてリスを待っているおじさんが

  •  -
  •  -

2362: 萩の9月

萩は秋の七草に数えられる趣のある植物です

  •  -
  •  -

2361: 夏の疲労回復にアロマセラピー

まだまだ暑い日が続いていますが、朝夕は随

  •  -
  •  -

2360: 雨にも負けず風にも負けず

台風が大きな爪痕を残して去ったあと、紫波

  •  -
  •  -

2359: 台風の傷跡

台風10号が岩手県を直撃し沿岸や岩泉に大

  •  -
  •  -

2358: 癒される事

アロマ館で育てているレモンの木に花が2つ

  •  -
  •  -

2357: 猛烈な台風岩手県に上陸とか

ニュースを聞いていたら台風が明日岩手に上

  •  -
  •  -

2356: 太陽の光線

太陽が高い時間に大道りに出たら呼吸がつら

  •  -
  •  -

2355: 盛岡アロマ館 アロマセラピーで五感を健やかに

あんなに暑かった日がウソのような涼しさで

  •  -
  •  -

2354: キカラスウリの夏

キカラスウリはレースのような花を夜な夜な

  •  -
  •  -

2353: 秋明菊の針刺し

岩手公園の片隅に咲いていたピンクの秋明菊

  •  -
  •  -

2352: 丸薬の基準

このアオギリの実は古来の丸薬の大きさの基

  •  -
  •  -

2351: 風立ちぬ いざ生きめやも

台風が去った岩手県はすっかり涼しくなりま

  •  -
  •  -

2350: ハーブを愉しむ会

台風の接近のせいか湿度の高い中都市計画課

  •  -
  •  -

2349: ススキの風情

竹下夢二が「富士には月見草がよく似合う」

  •  -
  •  -

2348: 明日はハーブを愉しむ会8月例会です。

明日はハーブを愉しむ会が滝沢市役所裏のハ

  •  -
  •  -

2347: アメリカフヨウのお仕事

一日花は本当に忙しい。虫さんを待っていら

  •  -
  •  -

2346: 台風一過

出張から帰って息もつかずに仕事をしたので

  •  -
  •  -

2345: 岩手 盛岡 アロマ館 不眠、むくみ、痛み、疲労、シェイプアップ対応

東京出張もお陰様で無事終わり次回の東京の

  •  -
  •  -

2344: 東京に出張に行ってきます。

台風が岩手県からそれたようです。沿岸の方

  •  -
  •  -

2343: 夏の光を惜しんで

熱風に呼吸も浅くなるときは水辺を探します

  •  -
  •  -

2342: 渡りをやめたカルガモ

ガン、カモ類は普通渡りをします。しかし、

  •  -
  •  -

2341: 街の逞しい草

名前をノボロギクといいます。人は私を雑草

  •  -
  •  -

2340: 美は見る人の目の中に宿る

八月も半ばだというのにアマナを見つけまし

  •  -
  •  -

2339: 自然は何を教えてくれたのか

小さい頃から父に連れられて近くの山や渓谷

  •  -
  •  -

2337: アキノエノコログサに風が立つ

残暑も夕方とも成れば涼やかな風が吹き渡り

  •  -
  •  -

2336: キンミズヒキソウの王冠

どこでも見かけるキンミズヒキ。よく見ると

  •  -
  •  -

2335: シュウカイドウの咲く頃

花言葉は「可愛い人」うつむきながら咲く姿

  •  -
  •  -

2334: 秋の予感

植物のセンサーは秋を感じているのだろうか

  •  -
  •  -

2333: 名誉挽回

小さい頃ご近所のフミちゃんとおままごとを

  •  -
  •  -

2332: 先を越されたけれどまあいいか

めしべや雄しべも忙しい。特にノカンゾウは

  •  -
  •  -

2331: 希望への道

誰でもが山の彼方には「幸い」は無いと思い

  •  -
  •  -

2330: オオシモツケソウの秋

暦の上では立秋。秋が来ました。山の植物は

  •  -
  •  -

2329: 打たれずよい植物

かなりの水しぶきを浴びても生き生きと根を

  •  -
  •  -

2328: 巡る季節の中で

言葉にならない言葉があります。日々の生活

  •  -
  •  -

2327: 日本海の日没

日本海に太陽が沈む時には音がするんだ。「

  •  -
  •  -

2326: 菊の花

ダリヤより菊の花でしょうか、日本的な色合

  •  -
  •  -

2325: 柳の花火

私には「柳青める北上の・・・」の柳のよう

  •  -
  •  -

2324: タンポポ花火

タンポポが花火になるとこんな風に綿毛を飛

  •  -
  •  -

2323: 初めての花火撮影

今日は初めて花火を撮影しました。先生に教

  •  -
  •  -

2322: 体温と外気の差を少なくすると

体温が低い方が多いようです。自分で冷え性

  •  -
  •  -

2321: 伊豆の海と富士

伊豆生まれの友人のためにアップしました。

  •  -
  •  -

2320: 海は広いな大きいな

暑いので心頭を滅却して海に思いをはせる。

  •  -
  •  -

2319: ヌスビトハギの使命

森の中を歩いて行くといつの間にかズボンに

  •  -
  •  -

2318: 小岩井農場

小岩井農場は・・暑かった。でも、光が織り

  •  -
  •  -

2317: 涼を求めて

最近の集中豪雨には驚いてしまいますが暑い

  •  -
  •  -

2316: モンシロチョウの不思議

桜の木の根元が腐っていました。そこにモン

  •  -
  •  -

2315: 秋の兆し

私の好きな水辺にはもうススキがお目見えで

  •  -
  •  -

2314: 避暑地の夏

白樺の木と,そよぐ風と青い空があればそこ

  •  -
  •  -

2313: 水の惑星 地球

今にも降りそうなどんよりした曇りの日には

  •  -
  •  -

2312: 中央公園の夏

8月になり夏本番です。人影の少ない中央公

  •  -
  •  -

2311: オハグロトンボが生まれる水辺

盛岡のさんさ祭りが始まりました。太鼓の音

  •  -
  •  -

2310: 湧き上がる夏

入道雲のお出ましです。さあ少年少女に戻っ

  •  -
  •  -

2309: 夏と秋の狭間で

夏の中に秋が紛れ込んでいます。鶯とツクツ

  •  -
  •  -

2308: 価値観の違い

夏になると水場が混み合いますが特に最近は

  •  -
  •  -

2307: 梅雨明け宣言

東北地方の梅雨明けが宣言されました。同時

  •  -
  •  -

2306: 青という色

熟す前の果実を青い果実といいます。日本で

  •  -
  •  -

2305: 湿地を好む花

ヤナギランによく似たピンクの花は湿地帯で

  •  -
  •  -

2304: オオハンゴンソウの嘆き

市立図書館に本を返しがてら写真を撮ってき

  •  -
  •  -

2303: ケンポナシ

岩手に来て始めて知った木の名前、ケンポナ

  •  -
  •  -

2302: 一日の命

盛岡の開運橋付近の花壇には四季折々の花が

  •  -
  •  -

2301: 北上川界隈

涼しい風が髪を乱します。いつもより湿度が

  •  -
  •  -

2299: ガマズミの不思議

岩手公園でずっとみてきたガマズミ.。実は

  •  -
  •  -

2298: ヤマユリの花

木漏れ日の光を浴びてヤマユリが匂うように

  •  -
  •  -

2297: クリの青いイガ

吹く風が涼しく秋を思わせます。木漏れ日が

  •  -
  •  -

2296: ちまたではセンスオブワンダーの夏休み到来

ちまたでは、待望の夏休みが来たようです。

  •  -
  •  -

2295: 滝沢市ハーブ公園の生き物たち

昨日ハーブを愉しむ会でハーブを写真に納め

  •  -
  •  -

2294: 初体験のワクワクは

いつもは利用したことが無い鉄道を青山駅か

  •  -
  •  -

2292: ハーブを愉しむ会7月例会

ツクツクボウシの鳴く滝沢市のハーブ公園で

  •  -
  •  -

2290: 明日はハーブを愉しむ会7月例会です。

明日7月21日は滝沢のハーブを愉しむ会で

  •  -
  •  -

2289: 岩手公園の生き物たち

ツクツクボウシが鳴いていました。梅雨明け

  •  -
  •  -

2288: 光源社での出逢い

久しぶりで光源社に行ってみました。材木町

  •  -
  •  -

2287: ウバユリ

花が咲くときに葉(歯)が無いので、うばゆ

  •  -
  •  -

2286: 水と空の間で

 高原を思わせる涼風と夏草の臭い。青空に

  •  -
  •  -

2285: ドングリの成長

木の種類が多いこの森は、コブシや西洋菩提

  •  -
  •  -

2284: マイペース

どこにでもいるよね。マイペースな子が。私

  •  -
  •  -

2283: 空を抱く花

空に向かって手を差しのべているようなオオ

  •  -
  •  -

2282: ナナカマドの挽歌

緑の濃い季節にナナカマドの朱色が目を引き

  •  -
  •  -

2281: 雨の日の水面

雨の日は湿度が高くて辛いのですが、静寂が

  •  -
  •  -

2280: 水面の風景

雨降る中を泳ぐカモの背にも雨粒が。雨を愉

  •  -
  •  -

2279: やれば出来る

「どうだ、ボクだってやればできるんだぞー

  •  -
  •  -

2278: ネジバナを見つけた嬉しさは

ネジバナに始めて出会ったのは結婚して盛岡

  •  -
  •  -

2277: トンボに会えた日

散歩をしている時に、ここにトンボがいたら

  •  -
  •  -

2276: 木陰のガクアジサイ

盛岡ではもうセミの声が聞こえます。空はす

  •  -
  •  -

2275: アカンサスモリス

滝沢市のハーブガーデンにあるアカンサスモ

  •  -
  •  -

2274: スイレン池の紫陽花

こんなお花の形をしたお皿があったような気

  •  -
  •  -

2273: 蝶々のような花

卵のような蕾から命が躍り出たような花に圧

  •  -
  •  -

2272: 紫陽花のネックレス

雨上がりの午後、紫陽花もしっとり美しく花

  •  -
  •  -

2271: スイレン池の糸トンボ

スイレン池でぼーっとしていたら糸トンボが

  •  -
  •  -

2269: コスモスが風に揺れて

タンポポも好きですがコスモスも大好きです

  •  -
  •  -

2268: 未来への確信

「空に吸われし、15の心」は有名な石川啄

  •  -
  •  -

2267: 笹の葉サラサラ

今日は七夕。私の実家のある仙台の伊達藩は

  •  -
  •  -

2266: 鯉と紫陽花

岩手公園の池で紫陽花が咲いていた。それだ

  •  -
  •  -

2264: ほほえましいスズメ

岩手公園に久しぶりで行ってみました。静か

  •  -
  •  -

2262: 息苦しい時

私は今の仕事が大好きですがたまに息苦しく

  •  -
  •  -

2261: 命からのSOSに気づいてあげて

アロマセラピーは心と身体と肌の不調を改善

  •  -
  •  -

2260: 桑の実

桑の実が黒く熟している。子供の頃、口の周

  •  -
  •  -

2259: 滝沢市ハーブガーデンにて

今日は久しぶりの定休日でしたので気になっ

  •  -
  •  -

2258: 気持ちの良い場所

高松の池の奥に小さな池があって睡蓮が今み

  •  -
  •  -

2257: 共生への願い

ひさしぶりで日没を撮った。東から出て西に

  •  -
  •  -

2256: 高松の池

野鳥保護区になっている高松の池で黄色の小

  •  -
  •  -

2255: 五感のマヒ

日々セラピーを生業としていると香りを感じ

  •  -
  •  -

2254: バラの精油にも助けられた

6月はバラの季節。公園で家庭の庭で美しく

  •  -
  •  -

2253: 適材適所

美しいプラタナスの樹と出逢った。高松の池

  •  -
  •  -

2252: 晴耕雨読

晴れたらセラピーの時間までハーブ園に行っ

  •  -
  •  -

2251: ダンシングツリー

風の中でナナカマドの木が踊っていた。コム

  •  -
  •  -

2250: 転んで思ったこと

3日前の事。セラピーが終わって次のセラピ

  •  -
  •  -

2249: 癒されることの本当の意味

ハコネウツギは梅雨時から夏にかけて同じ木

  •  -
  •  -

2248: ナナカマドの在る風景

爽やかな梅雨の中休み。仕事の合間にリラッ

  •  -
  •  -

2247: ハーブを愉しむ会

本日は予定していた苗植えが雨のために出来

  •  -
  •  -

2246: ハーブを愉しむ会6月例会のお知らせ

明日、6月16日10時からはハーブを愉し

  •  -
  •  -

2245: 東京の散歩道と植物達

出帳から無事に帰り着きました。東京は暑か

  •  -
  •  -

2244: 東京出帳のお知らせ

6月8日~11日まで東京に出張致します。

  •  -
  •  -

2243: スギナの収穫

今日は滝沢市のハーブ公園にスギナを頂きに

  •  -
  •  -

2242: 幸せの定義

光が美しく緑に陰影を作ります。風が爽やか

  •  -
  •  -

2241: ユリノキの花ランプ

ユリノキにチューリップに似た花が咲き始め

  •  -
  •  -

2240: 木陰の花

風の渡る木陰はとても涼しく小さなモミジイ

  •  -
  •  -

2239: ヤマゴボウの花

大通りに咲いていたヤマゴボウの花。きっと

  •  -
  •  -

2238: 鳥物語・岩手公園のシジュウカラ

岩手公園でよく見かける鳥と言ったらスズメ

  •  -
  •  -

2236: ポストカードにしたい風景・

筆無精の私ですが梅雨の季節に爽やかな緑を

  •  -
  •  -

2235: 鳥物語・スズメの母と子

すずめの母「もう飛べるんだから自分で餌を

  •  -
  •  -

2234: お利口な子猫

お家の門の扉の隙間から顔を出している子猫

  •  -
  •  -

2233: ジェリービーンズみたいなサンシュユの実

形がジェリービーンズみたいです。きれいな

  •  -
  •  -

2232: サクランボの実る頃

桜の実が色づいてきました。赤から黒くなる

  •  -
  •  -

2231: 葉の魅力

花も美しいが葉も美しい。葉の図鑑は花の図

  •  -
  •  -

2230: 便箋にしたい風景

便箋にしようとおもって写真を撮りました。

  •  -
  •  -

2229: プラタナスのパワー

あるがままに伸びたプラタナスを見ると嬉し

  •  -
  •  -

2226: 森の生活

アメリカ文学の古典とも言われるソーローの

  •  -
  •  -

2225: 幸せな風景

タンポポにモンシロチョウが止まっています

  •  -
  •  -

2224: わすれな草をあなたに

ワンダーフォーゲル部でよく歌いました。汚

  •  -
  •  -

2223: 雨が似合う植物

温暖化の影響でしょうか、雨が降ったと思う

  •  -
  •  -

2222: 風にそよぐ草原

涼やかな風が草原を吹き抜ける。その瞬間,

  •  -
  •  -

2220: カワラヒワのお目当ては

飛び立つと黄色の羽が美しいカワラヒワ。コ

  •  -
  •  -

2219: シジュウカラの水浴び

蛍が生まれるという小さな小川でシジュウカ

  •  -
  •  -

2218: コゲラのコゲタン

落ちた青梅を拾っていたらコゲラのコゲタン

  •  -
  •  -

2217: ヤマボウシの花

ハナミズキの花に1ヶ月遅れてヤマボウシの

  •  -
  •  -

2216: リンデンの花ざかり

リンデンが花盛りです。別名、西洋菩提樹と

  •  -
  •  -

2215: ノムラモミジの赤

爽やかな緑の葉陰が宿す一隅でノムラモミジ

  •  -
  •  -

2214: ルブラカエデの朱

秋になると真っ赤に燃えるように紅葉するル

  •  -
  •  -

2213: ナンジャモンジャの花

岩手公園のナンジャモンジャの花が満開です

  •  -
  •  -

2212: 藤の花咲く頃

白い藤がすだれのように咲き誇っています。

  •  -
  •  -

2211: ナチュラルガーデンとは

滝沢のハーブガーデンのアーカンサスモリス

  •  -
  •  -

2210: 何故か揺れる小さなグミよ

  •  -
  •  -

2209: 明日は明日の風が吹く

あっという間に季節が流れて行く。人間の一

  •  -
  •  -

2208: 命(いのち)

山ツツジの雌しべに命を感じました。一本ス

  •  -
  •  -

2207: 初夏の色

風が鳥が木々が歌う。緑の濃淡の中を。

  •  -
  •  -

2204: ハーブガーデンのハーブ達その2コンフリー

コンフリーはムラサキ科の多年草でヒレハリ

  •  -
  •  -

2203: ムクドリに親近感

つぐみのつぐみんがシベリアへ帰って行った

  •  -
  •  -

2202: 盛岡市の野鳥保護区

近くにいながら始めて知った場所でした。水

  •  -
  •  -

2201: 私も撮ってとタンポポが

仕事の時間に間に合うように急いで撮った一

  •  -
  •  -

2200: カナカナゼミが遠くで鳴いた

冬だったらもう暗くなる時間なのにまだまだ

  •  -
  •  -

2199: 頭の中を空にする方法

セラピーを始めるとき、「考え事は棚上げし

  •  -
  •  -

2198: 暑いときは木陰に感謝

真夏のような暑さになりました。こんな日は

  •  -
  •  -

2197: 5月の音楽会

ツツジのしべたちが思い思いの音楽を奏でて

  •  -
  •  -

2195: それぞれの使命

ミツバチがボタンの花の花粉を一生懸命集め

  •  -
  •  -

2194: 滝沢市ハーブガーデンのハーブ(1)

今日からハーブを愉しむ会のホームグランド

  •  -
  •  -

2193: ハーブを愉しむ会5月例会

五月晴れの中、ハーブを愉しむ会を開催しま

  •  -
  •  -

2192: 美しい物は美しい

一昔前はボタンやシャクヤクはあまり好きで

  •  -
  •  -

2191: 仲良きことは美しき哉

夏を思わせる日射しの中で、交友を深める亀

  •  -
  •  -

2190: グットデザイン賞をあげたい

林や森の中にひっそりとたたずむマムシグサ

  •  -
  •  -

2189: すいれんの葉鏡

スイレンの葉に光が当たってまるで螺鈿(ら

  •  -
  •  -

2188: ハーブを愉しむ会のお知らせ

ハーブを愉しむ会5月例会のお知らせです。

  •  -
  •  -

2187: シャクナゲ色の黄昏

シャクナゲと言ったら尾瀬尾瀬と言ったら水

  •  -
  •  -

2186: 若葉の頃

今の季節こんな風景を見ると、昔見たような

  •  -
  •  -

2185: 自然の枝振り

ちょっとだけ生け花を習ったけれどどうみて

  •  -
  •  -

2184: 水滴の花

朝降った雨が午後には止んで青空が顔を出し

  •  -
  •  -

2183: 人は足から弱る

小さい頃は父と日課の様に裏山を散歩した。

  •  -
  •  -

2182: 宮沢賢治が望んだもの

今日は少し足を伸ばしてみたら滝に出逢いま

  •  -
  •  -

2181: 頑張っているのに上手く回らないかたへ

ホウの花が咲きました。強い芳香をあたりに

  •  -
  •  -

2180: ナチュラルセラピーエリア

盛岡にはナチュラルセラピーエリアが一杯あ

  •  -
  •  -

2179: 光達の鬼ごっこ

山にはレンゲツツジが咲き乱れ、初夏の光に

  •  -
  •  -

2178: 光の所在

「闇は光に勝たなかった」・・とありますが

  •  -
  •  -

2177: 森の生活

以前ローラ インガルス ワイルダーの「大

  •  -
  •  -

2176: 光も影も風も音も自然からの贈り物

写真を教えて頂いて気づいたことは自分がそ

  •  -
  •  -

2175: コムクドリの初夏

緑が目に鮮やかに写ります。暦の上ではもう

  •  -
  •  -

2174: 幸福のシンボルツリーきんぐさり

欧米で、この木は幸福の木とされて庭に植え

  •  -
  •  -

2173: ツツジの香り

ツツジやサツキが美しい花々を競って咲かせ

  •  -
  •  -

2172: 新緑の中に咲く紅葉(もみじ)

  •  -
  •  -

2171: カメの自己管理

爽やかな皐月晴れの岩手公園の池ではカメさ

  •  -
  •  -

2170: 小さな命の循環

小さな命が頑張っている姿を見るとついつい

  •  -
  •  -

2169: コミュニケーション不足

お天気の良いお昼休み、思い思いに休み時間

  •  -
  •  -

2168: 日光アレルギーについて

昨今、紫外線の害とかで過剰に反応している

  •  -
  •  -

2167: ゆらぎの風景

池に映っている木立の中から太陽が顔を出し

  •  -
  •  -

2166: 皐月の彩

  •  -
  •  -

2165: 黄色いツツジ

誰も気に留めないけれど私は、黄色いツツジ

  •  -
  •  -

2163: からたちのトゲは痛いよ

この可憐な花のトゲは半端でなく痛いトゲで

  •  -
  •  -

2162: リラの花咲く頃

昨日のしっとり感はなくなり、季節はめぐり

  •  -
  •  -

2161: 森のちいさなランプ

  •  -
  •  -

2160: 雨の歌

雨をテーマにした音楽は一杯あるけれど、今

  •  -
  •  -

2159: ナチュラルガーデン

花かいどうの樹の下にスイセンやすみれやた

  •  -
  •  -

2158: 心の満ち足り方

薄紅色の花かいどうの花が雨に打たれて咲い

  •  -
  •  -

2157: 緑を観る効用

「目に青葉やまほとぎす初鰹」有名な松尾芭

  •  -
  •  -

2156: ほほえみ返し

こんなやさしい色の心で微笑んで「ありがと

  •  -
  •  -

2155: 輝く命

命は誰だって輝くためにあるのだと思う。

  •  -
  •  -

2154: 雨に濡れた雪柳・・大切な命

雪柳の枝は良くしなります。柳に雪折れ無し

  •  -
  •  -

2153: レンゲツツジのある風景

雨が小降りに成って小鳥がさえずり始めた。

  •  -
  •  -

2152: レンゲツツジの小道

新緑の中でレンゲツツジが彩りを添えている

  •  -
  •  -

2151: サンショウの花

サンショウはよく知られた和製ハーブ。でも

  •  -
  •  -

2150: クルマバ草

山道でよく見るクルマバソウはハーブではウ

  •  -
  •  -

2149: ムクドリ

いつも見るムクドリより羽が白っぽいのは夏

  •  -
  •  -

2148: ゴヨウツツジ

花を見るとユリを小さくしたようで可憐だ。

  •  -
  •  -

2147: シャガの花

花の色彩や形は本当に不思議。この花はもし

  •  -
  •  -

2146: 風と白山吹

写真を撮ろうとすると風が吹く。気長になる

  •  -
  •  -

2145: ゴヨウツツジ

一目瞭然名前のとうりの五葉のつつじ。珍し

  •  -
  •  -

2144: 小さなハーブ・ハコベ

子供が小さい頃ジュウシマツを飼っていた。

  •  -
  •  -

2143: 慢性疲労に気づいたら

昨今ニュースでも報道されたように慢性疲労

  •  -
  •  -

2142: 白山吹の花

白い山吹の花に出逢った。今年は黄色い山吹

  •  -
  •  -

2141: ラショウモンカズラ

遠くから見たら猛毒のトリカブトの花かと思

  •  -
  •  -

2140: ユキザサの花影

可憐なユキザサの小さな花が咲きました。風

  •  -
  •  -

2139: クロフネツツジ

花の写真を撮っているとついつい女の人だっ

  •  -
  •  -

2138: 揺れるまなざし

風が吹いて揺れているから止まるのを待って

  •  -
  •  -

2137: 雨上がりのサンバ

樹木が雨に濡れ光を浴びてダンスをしている

  •  -
  •  -

2136: お天気雨の後で

今まで雨が降っていたのに写真を撮っている

  •  -
  •  -

2135: 鳩の恋路

人のいや・・鳩の恋路を邪魔するつもりは無

  •  -
  •  -

2134: やまなしの花の思い出

岩手公園に桜ともリンゴとも違う純白なやま

  •  -
  •  -

2133: 子スズメ達の遊び場

単なる菜の花畑では無いのですここからワラ

  •  -
  •  -

2132: トトロの散歩道

見えませんか?小トトロの姿が聞こえません

  •  -
  •  -

2131: 白いハナミズキの花

ハナミズキはハナミズキと言うだけで美しく

  •  -
  •  -

2130: ちいさなベル

心が良い行いをしたときこのベルが鳴るんだ

  •  -
  •  -

2129: ひよちゃんの独立宣言

すっかり大きくなったヒヨドリの子供ボサボ

  •  -
  •  -

2128: リュウキュウバイの花

五月になると出逢える花です。繊細で純白な

  •  -
  •  -

2127: 五月の雨

五月の雨が草木を濡らします。緑は更に鮮や

  •  -
  •  -

2126: 五月の風景

こんな小雨煙る日は木々の妖精も花の妖精も

  •  -
  •  -

2125: リンゴの花ほころび

私が尊敬する木村秋則さんは、無農薬無肥料

  •  -
  •  -

2124: 若葉の頃(五月病にご注意)

あれよあれよという間に桜の季節から若葉の

  •  -
  •  -

2123: お魚になったヤマブドウの葉

  •  -
  •  -

2122: シジュウカラの巣立ちの飛行訓練

写真を撮っていたら小鳥の地鳴きがしてふと

  •  -
  •  -

2121: 葉桜の高松の池

静かな水面をゆうゆうと泳ぐ水鳥名勝高松の

  •  -
  •  -

2120: これぞプラタナス!

高松の池で威風堂々たるプラタナスの大木に

  •  -
  •  -

2119: 高松の池の彩

冬場の水鳥の賑わいもなく桜の頃の喧噪も無

  •  -
  •  -

2118: 水辺のシダレザクラ

日本に生まれて本当に良かった・・と思う瞬

  •  -
  •  -

2117: ただ、ひたむきに

植物が好き、鳥が好き、自然が好き、人間が

  •  -
  •  -

2116: 5月のハナミズキ

ハナミズキというとピンクや赤や白が多い中

  •  -
  •  -

2115: 楓(けやき)の舞

風がなかなか止んでくれなかったけれど楓の

  •  -
  •  -

2114: ニシキギのかみそり

図鑑ではこのかみそりを翼と描いてある。こ

  •  -
  •  -

2113: 5月の絵

写真機で5月の絵を描いてみました。少し眠

  •  -
  •  -

2112: ゆきやなぎ

雪が咲いたような花の愛らしさ

  •  -
  •  -

2111: バイオレットの妖精

すみれは可憐でか弱いイメージがありますが

  •  -
  •  -

2110: 蝶の勘違い

ふと違和感を感じて見てみるとモンシロチョ

  •  -
  •  -

2109: 風に吹かれて

白樺の花が風に揺れている。山鳩が遠くでデ

  •  -
  •  -

2108: 残り香

ここは、こぶしの木が多いようです。面白い

  •  -
  •  -

2107: ヤマザクラの彩

今年はソメイヨシノやしだれ桜を一杯写真に

  •  -
  •  -

2106: 66歳を迎えて

4月30日は私の66歳の誕生日ということで友

  •  -
  •  -

2105: 芳しい季節の中で

ハウチワカエデの花が咲いた。雄しべをピン

  •  -
  •  -

2103: コラボレーション

垂れ桂と山吹と言うよりは緑と黄色のコラボ

  •  -
  •  -

2102: あっぱれな桜

よく咲いたねと褒めてあげたくなるしだれ桜

  •  -
  •  -

2101: 小雨煙る桜

雨音を聴きながら窓越しに貴女を見つけたら

  •  -
  •  -

2100: 心休まる日

雨が降っていた。桂も桜も今日はゆっくり休

  •  -
  •  -

2099: 山吹亭「本日休業」

山吹の花はどうしているのだろう・・と気に

  •  -
  •  -

2098: 雨の中のたたずまい

雨脚が強くなって細い枝がしなったけれど「

  •  -
  •  -

2097: ツツジに降る雨

ホントだったら今日咲くつもりだったのかも

  •  -
  •  -

2096: エイプリル レイン

雨が小降りになってそれでも風がしだれ桂の

  •  -
  •  -

2095: イロハモミジの春

夕暮れ時に通った岩手公園で見つけた朱とも

  •  -
  •  -

2094: アオサギとカルガモ

ぶらぶら歩いていたら目の前の草の茂みにア

  •  -
  •  -

2093: 山吹が見逃せない

私の中で山吹の存在が急上昇今まで見過ごし

  •  -
  •  -

2092: 幸せを呼ぶ桃色

70歳になったら髪がシルバーグレーになっ

  •  -
  •  -

2091: 薄黄緑色の桜

  •  -
  •  -

2090: 溶け合う色

自然の中に居るとみんな受け入れて溶け合っ

  •  -
  •  -

2089: 河原の菜の花

足を伸ばして河原の方に・・今までツグミン

  •  -
  •  -

2088: 陣取り

すずめA 「え!なになに・・あのひとたち

  •  -
  •  -

2086: 白いボケの花

赤いボケの花の中に白いボケの花が咲いてい

  •  -
  •  -

2085: それぞれの命

山吹の香りを嗅いだのは何年ぶりだろうか。

  •  -
  •  -

2084: アメリカザイフリボク

とても気になっていた植物のひとつです。ジ

  •  -
  •  -

2083: ペンぺん草と言われても

正式和名はナズナ。春の七草でお馴染みです

  •  -
  •  -

2082: ねむたい桜

花びらが風にながれていきます。桜の枝が風

  •  -
  •  -

2081: 雑木林の桜

子供の頃から家の裏の雑木林が大好きでした

  •  -
  •  -

2080: 山の桜

  •  -
  •  -

2079: ツツジの咲く頃

  •  -
  •  -

2077: 懐かしい風景

  •  -
  •  -

2076: 紅葉の若葉

紅葉(もみじ)の若葉は日に照らされて燃え

  •  -
  •  -

2075: 桜の花びらが散ったとて

花びらが散ってもがくが守っている、知られ

  •  -
  •  -

2074: 夢見るように

風に吹かれる木の下でうたた寝をしたらどん

  •  -
  •  -

2073: もうすぐバトンタッチ

  •  -
  •  -

2072: 木の彩木の生命力

生まれが森の都仙台だからでしょうか大きな

  •  -
  •  -

2071: 父と息子

写真を撮っていたら後ろから自転車に乗った

  •  -
  •  -

2070: お花見

桜吹雪の舞い散る中、河原でのお花見近くの

  •  -
  •  -

2068: ちゅーりっぷのランプ

  •  -
  •  -

2067: 万葉に時代から愛でられた山吹の花

唐辛子のような山吹の蕾が目に飛び込んでき

  •  -
  •  -

2066: 葉桜の頃

桜は多くの場合花が咲いてから葉が出てきま

  •  -
  •  -

2065: 椿が実を付けるプロセス

植物が花を咲かせるのは子孫を残すため風や

  •  -
  •  -

2064: 愛らしいぼけの花

梅も桜も今年は随分永く花を咲かせてくれて

  •  -
  •  -

2063: 春のロンド

愉しそうに嬉しそうに円を描きながら踊る木

  •  -
  •  -

2062: 青葉の季節のはじまり

知らず知らず時が流れます。

  •  -
  •  -

2061: 桜の中のコブシ

今にも雨粒が落ちてきそうな盛岡ですがこぶ

  •  -
  •  -

2060: 日本の色

日本の色の繊細さを桜が教えてくれているよ

  •  -
  •  -

2059: 桜の乱舞

  •  -
  •  -

2058: 今日の桜

  •  -
  •  -

2057: 新年度ハーブを愉しむ会

滝沢市の桜も美しく咲いて今日はハーブを愉

  •  -
  •  -

2055: 明日はハーブを愉しむ会です。

あす、21日は4月のハーブを愉しむ会です。

  •  -
  •  -

2054: 木があっての桜

この木の中に冬を耐える力を宿していると思

  •  -
  •  -

2053: 垂れ桂の色は複雑な萌葱色

垂れ桂の新芽の色はなかなか複雑です。言っ

  •  -
  •  -

2052: 今日の桜

桜の持つ不思議な力に魅了される日々です。

  •  -
  •  -

2051: ♪さくらさくら見に行かん

幼稚園帰りの子供がお母さんに「ね!あした

  •  -
  •  -

2050: 盛岡で始めて出逢ったメジロ

盛岡に嫁いで40年になるけれど,こうして盛

  •  -
  •  -

2049: 高い梢にアトリ発見!

冬鳥のアトリも桜が咲いてきたのでシベリア

  •  -
  •  -

2048: 桜色の中で

見渡せば桜いろ

  •  -
  •  -

2047: 桜の宴

お酒を飲めない私は桜の宴で何を飲もうか考

  •  -
  •  -

2046: ツグミン待ち合わせに遅れたか?

一人でぽつんと枝をつつくツグミンみんない

  •  -
  •  -

2045: ガマズミの芽のエネルギー

ムクムク・・のびるのびるガマズミの芽あく

  •  -
  •  -

2044: 春の壁紙

このかわいい蕾からぽつぽつとピンクの花が

  •  -
  •  -

2043: 桜の不思議

黒くごつごつした桜の木からこんな可憐な花

  •  -
  •  -

2042: シジュウカラのおしり

シジュウカラのおしり・・かわいいおしり小

  •  -
  •  -

2041: 励ましの桜

大風大雨に負けずに美しく咲く桜にどんなに

  •  -
  •  -

2040: 嵐にめげず咲く桜

まだ時折小雨が降るなかで岩手公園の桜が見

  •  -
  •  -

2039: こすずめの冒険

一見何でも無いスズメのようですがちがうん

  •  -
  •  -

2038: 岩手公園の桜

岩手公園の中で一足先に咲いた桜この桜の下

  •  -
  •  -

2037: 岩手公園のサンシュユ

満開のサンシュユの花この小さな花の一つ一

  •  -
  •  -

2036: 熊本地震のお見舞い

熊本の地震に遭われた方々に心よりお見舞い

  •  -
  •  -

2035: 芽吹きの時

桜も美しいが緑の芽吹きの色はなんとも日本

  •  -
  •  -

2034: 花鳥風月ヒヨチャン

待望の桜とヒヨチャンの俳句的ツウショトロ

  •  -
  •  -

2033: 花よりメジロ

写真の師から「俳句を作るつもりで撮ったら

  •  -
  •  -

2032: つばめの兄弟

弟「なにみえるの?」兄「うーん・・ひろい

  •  -
  •  -

2031: シキミの花が咲いた

昨日頂いたシキミのつぼみが今日咲きました

  •  -
  •  -

2030: ツグミンカップル発見

東京からの帰り道に桜を撮るために立ち寄っ

  •  -
  •  -

2029: 元気なヒヨドリのヒヨチヤン

東京から帰る途中でやけに賑やかな鳥の声が

  •  -
  •  -

2027: ツグミンいよいよ旅立ち間近か?

同じ場所で4羽のツグミン発見!もしかして

  •  -
  •  -

2026: 雨に煙る雑木林

立ち寄ったガソリンスタンドの後に雑木林が

  •  -
  •  -

2025: 通りすがりの桜

ひときわ明るく咲き誇る桜通りすがりに見過

  •  -
  •  -

2024: 春の雨

東京に着く前に雨が降ってきました。菜の花

  •  -
  •  -

2023: 芽吹きの時

木の芽の芽吹きの色は日本人特有な感性の高

  •  -
  •  -

2022: 出逢った桜

山間にひっそり咲いていた桜頑張って冬を耐

  •  -
  •  -

2021: 花かんざしのようなキブシ

雑木林では黄色の花が競って咲いています。

  •  -
  •  -

2020: 道路で迷子に!キジバトの子供

ここはどこ・・?おうちどこ・・?おなかす

  •  -
  •  -

2019: 春の雪と共に帰って来ました

桜、舞い散る東京出帳から帰って来ました。

  •  -
  •  -

2017: アロマ館は11日まで東京に出張セラピーです。

大変申し訳ありませんが11日まで東京へ出帳

  •  -
  •  -

2016: これがこうなる ヒヨチャン

まだ、ネコヤナギで満足なヒヨチャンジュニ

  •  -
  •  -

2015: 奥様は?今潜ってます

ミスターカワアイサ 「これはこれはオナガ

  •  -
  •  -

2014: 群れる鳥群れない鳥

人間にも群れるのが好きな人と群れなくとも

  •  -
  •  -

2013: 北上川の枝垂れ柳

北上川にはたくさんのヤナギの木があること

  •  -
  •  -

2012: オスは繁殖期だけ美しい?

オスの美しさは繁殖期だけとしってなるほど

  •  -
  •  -

2011: ツグミン寝てるんです。

10分ぐらい動かないツグミン「実はぼーっと

  •  -
  •  -

2010: カワラヒワの翼

いつもは目立たないカワラヒワですが飛ぶと

  •  -
  •  -

2009: ヒヨチャンのお家兼食堂

ヒヨチャンの子供がやっぱりいました。いつ

  •  -
  •  -

2008: 垂れ紅梅の咲く頃

  •  -
  •  -

2007: ツグミンは子雀の喧嘩に我関せず

仲良くお食事中突如飛んできた子雀A・・子

  •  -
  •  -

2006: スズメの春

  •  -
  •  -

2005: 盛岡から梅の便り

  •  -
  •  -

2004: 岩手公園界隈春の散策

穏やかな春の陽気に公園の紅白の梅も気高く

  •  -
  •  -

2003: ツグミン思案中

岩手公園の梅も7分咲きヒヨチャンジュニア

  •  -
  •  -

2000: ルッコラ三昧

春になると緑の野菜が食べたくなります。身

  •  -
  •  -

1999: 今日に一写

夕方太陽が沈むときにホテル東日本をはじめ

  •  -
  •  -

1998: お世話になっているハーブ、サンシュユ

梅の花と競うように岩手公園ではサンシュユ

  •  -
  •  -

1997: 緊張の引き金になる過去の嫌な記憶(トラウマ)

「緊張しやすく困る」と言うお問い合わせは

  •  -
  •  -

1996: 鳥物語

「みんながんばっているわね」「うんでもぼ

  •  -
  •  -

1995: 妊娠線でお困りのかたはアロマオイルで

出産後のお悩みが増えています。まず、お母

  •  -
  •  -

1994: 考える鳥

北上川の土手のところで首をかしげている一

  •  -
  •  -

1992: 個体差という個性(みんな違って良いのだⅡ)

岩手公園を出るとき一羽の鳥が私の頭上の枝

  •  -
  •  -

1991: 城跡と月

この何日か 昼から月が見えている。一日一

  •  -
  •  -

1988: 鳥の雛のようなネコヤナギ

「ぴーぴー」と今にもさえずりそう。

  •  -
  •  -

1987: 巣立ちの時

「ねーカルガモのおばちゃん、ぼくのママし

  •  -
  •  -

1986: ハーブを愉しむ会3月例会

型に溶かし込んで熟成させ型から取りだして

  •  -
  •  -

1983: 考える事をお休みしてみると

今日は大分暖かくなって歩いていると汗ばむ

  •  -
  •  -

1981: 春は名のみの風の寒さや

可憐に薫り高く咲く紅梅、冷たい風がほほを

  •  -
  •  -

1980: リードグラスと呼ばれるアシ(ヨシ)

運動公園はまだ池に氷が残っていて寒々しか

  •  -
  •  -

1979: アロマセラピーで独立

東京でアロマセラピスト養成講座を受けて下

  •  -
  •  -

1978: 緊張したら緩和

日中かなり緊張する仕事をしたので気持ちを

  •  -
  •  -

1977: 木を切る理由

北上川の岸辺にあった柳の大木が何本も切ら

  •  -
  •  -

1976: 岩手公園の紅梅白梅

今日の暖かさで昨日までつぼみだった岩手公

  •  -
  •  -

1975: 春の足音

三寒四温の通り又寒さがぶり返してきました

  •  -
  •  -

1974: ハーブを愉しむ会3月例会のお知らせ

3月のハーブを愉しむ会のお知らせが大変遅

  •  -
  •  -

1973: 自分を受容する大切さ

講習会などで「自分が好きですか」と言う質

  •  -
  •  -

1972: 春を待つ鳥達

写真の師からいつも「主役脇役を考えて」と

  •  -
  •  -

1971: 宇宙のリズムと歯車が合うとき

人間は幸せになるために生きていると教えら

  •  -
  •  -

1969: カラスの恋の季節か?

北上川の河川敷でカラスのラブシーンを見て

  •  -
  •  -

1968: ツグミンのいる風景

しばらくぶりで北上川の河川敷を歩いてみま

  •  -
  •  -

1967: 認知症の予防にアロマセラピーを

認知症の介護は家族の方にとって決して楽な

  •  -
  •  -

1966: 弥生3月の幕開け

早春賦「春は名のみの風の寒さや、谷の鶯歌

  •  -
  •  -

1965: 勤労青少年ホームでのアロマ講座2回目

本日は先週にひき続き、アロマ館のある東日

  •  -
  •  -

1964: 岩手公園のマンサクの花

今日は空も晴れ渡り一見気持ちよい日ですが

  •  -
  •  -

1963: 岩手公園の花鳥風月

ただ歩いていたら分からなかったかも知れな

  •  -
  •  -

1962: 春を待つ岩洞湖

好きと言うことはすごいことだと感じさせる

  •  -
  •  -

1961: 勤労青少年ホームでのアロマ講座

昨日はアロマ館のあるホテル東日本から4分

  •  -
  •  -

1960: 24節気の中の雨水

今日は、まさしく暦の上では雨水「陽気地上

  •  -
  •  -

1958: ハーブを愉しむ会と写真クラブ

月の第3木曜はアロマ館の定休日ですがハー

  •  -
  •  -

1957: 東京の春

東京でのセラピールームは東中野ですがその

  •  -
  •  -

1956: メジロと梅が撮りたかった

東京に出帳する愉しみはぽっかり空いた時間

  •  -
  •  -

1955: 春の使者

一足先に春の陽光の中に身を置くと温かいと

  •  -
  •  -

1954: 竹林の白梅

日本的な光景に出逢うと「千と千尋の神隠し

  •  -
  •  -

1953: 一足早く春の香りを

仕事の合間に連れて行っていただいた伊豆で

  •  -
  •  -

1952: アロマ館盛岡今日から始動します。

ご迷惑をおかけしている東京出帳から戻りま

  •  -
  •  -

1951: アロマ館16日まで東京出帳です。

この季節、本当に窓からの日射しは温かいの

  •  -
  •  -

1950: うえのひろし写真展「東北一絵」

写真を教えていただいてる上野比路諮さんの

  •  -
  •  -

1948: 春は名のみの風の寒さや

  •  -
  •  -

1947: ♪雪でした♪

  •  -
  •  -

1946: 綿飴のような雪

ふわふわの雪がふりました。もうすぐ春がや

  •  -
  •  -

1945: ♪堅雪かんこ、凍み雪かんこ♪

働きずくめな私に今日はお休みのご褒美。写

  •  -
  •  -

1944: 広い荒野にぽつんといるようで

セキレイ 「ごはん、持ってきてあげたよ」

  •  -
  •  -

1943: オバンです。

「あら、オオバンが喧嘩しているわ」「ほっ

  •  -
  •  -

1942: 鳥のつぶやき

「ねえ、ぱんもらいにいく?」「うーん・・

  •  -
  •  -

1941: 「白鳥の湖」のダンサーとギャラリー

ダンサーが格好良く登場大きな拍手と思いき

  •  -
  •  -

1940: 今日の高松の池のバードたち

キンクロハジロのメスです。雄も可愛いいけ

  •  -
  •  -

1939: 今日のバード

高松の池に行く途中、交差点の吹きだまりで

  •  -
  •  -

1938: 心と身体の因果関係

アロマセラピーのメインは癒すこと。やまい

  •  -
  •  -

1937: 冬のお日様大好き

冬は暖かくてぬくぬくする所がいいな。居心

  •  -
  •  -

1935: 水鳥の静と動

  •  -
  •  -

1934: 高松の池の陽光

風で出来た波が凍り付きました。日射しは温

  •  -
  •  -

1933: 寒さも立派なストレスの原因

口を開くと「お寒いですね」が合い言葉にな

  •  -
  •  -

1932: 太陽と地球と月の絶妙な距離関係

温暖化と言われながら、温かい日々に「やっ

  •  -
  •  -

1931: イメージする力が少なくとも

イメージするのが得意な人と得意では無い人

  •  -
  •  -

1930: 岩手山界隈

小岩井付近から撮った秀峰 岩手山の勇姿で

  •  -
  •  -

1929: 大寒過ぎの高松の池

盛岡も通常の冬の寒さに戻り高松の池も水鳥

  •  -
  •  -

1927: ハーブを愉しむ会1月例会

今年初めてのハーブを愉しむ会は雪道で足場

  •  -
  •  -

1926: 自分を変えたい時

「人を変えることは出来ないが自分を変える

  •  -
  •  -

1925: 盛岡アロマ館始動します。

ご迷惑をおかけしている月1の東京出帳から

  •  -
  •  -

1924: 一週間盛岡を離れます。

明日から17日まで仕事で盛岡を留守にしま

  •  -
  •  -

1923: 私たちに出来る大切な事

明日は成人の日。はたちを迎えた方々および

  •  -
  •  -

1922: 滝沢市ハーブ公園(森は生きている)

ハーブを愉しむ会のハーブ活動になっている

  •  -
  •  -

1921: 今日の高松の池

ホシハジロのご一行様が石のように休憩して

  •  -
  •  -

1920: 自分の命の声が聞こえますか?

暖冬と行っても厳しい寒さが時折襲い盛岡の

  •  -
  •  -

1919: 冬の景色

冬は寒くて嫌なときもあるけれど冬がなかっ

  •  -
  •  -

1917: 温暖化の冬に

田沢湖は雪が積もっていましたが、外気が温

  •  -
  •  -

1916: 無限の可能性を開くには

元旦の月を撮りました。元旦の太陽が昇って

  •  -
  •  -

1915: 冬の旅

皆様には新春をいかがお過ごしでしょうか。

  •  -
  •  -

1914: あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。今年もみ

  •  -
  •  -

1913: 新しい歳に向け更なる飛躍を胸に!

今年の仕事納めのアロマセラピーデトックス

  •  -
  •  -

1912: 真冬の散歩道

今日は午前中にセラピーが入ったので早起き

  •  -
  •  -

1911: 今日の出会い

可愛い芽。寒さに負けないけなげさがありま

  •  -
  •  -

1910: 今日の岩手公園の鳥たち

今日の岩手公園で地吹雪を体験しました。寒

  •  -
  •  -

1909: 主役と脇役の構図

昨日頂いたお花で先日写真クラブで習った主

  •  -
  •  -

1908: プロのためのアロマセラピー

セラピストや医療従事者の方々、介護関係の

  •  -
  •  -

1906: 武士は食わねど・・・

高松の池に行くとパンをねだるグループとま

  •  -
  •  -

1905: 今日のまったりした高松の池と思いきや

優雅な白鳥さんこちらは石みたいに寝てる・

  •  -
  •  -

1903: 岩手公園の猫と鳩

人気の無い岩手公園黒猫が鳩のそばを通って

  •  -
  •  -

1902: 今日の岩手公園(雀は何羽?)

  •  -
  •  -

1901: 手の働きのすばらしさ

愉しみにしていたTVドラマの「下町ロケッ

  •  -
  •  -

1900: 個体差という個性(みんな違って良いんだ)

公園で珍しい色の鳩と出逢いました。突然変

  •  -
  •  -

1898: 写真クラブ フォレスト12月例会

今日の写真クラブはスタジオで構図を教えて

  •  -
  •  -

1897: ハーブを愉しむ会12月例会

本日は簡単にできるクリスマス料理と言うこ

  •  -
  •  -

1896: 月と金星と地球と

地球から月と金星を撮った。地球と月は双子

  •  -
  •  -

1895: 身体の芯の氷の溶かしかた

人間の身体の水分は体重の60パーセントと

  •  -
  •  -

1894: 17日はハーブを愉しむ会です。

17日は10時からハーブを愉しむ会を開催しま

  •  -
  •  -

1893: 心と身体のセラピー

一週間東京でアロマセラピーの仕事をしてき

  •  -
  •  -

1892: 明日から東京に出帳セラピーです。

明日から14日まで東京でアロマセラピーをし

  •  -
  •  -

1891: トラウマの改善に薬を使わない方法

よくトラウマと言う言葉を聞きます。トラウ

  •  -
  •  -

1890: 真実の映画「海難1890」をみて

友人に勧められて「海難1890」を観てき

  •  -
  •  -

1889: うつと診断されても薬を使いたくない方に

西洋医学には自律神経科という科がありませ

  •  -
  •  -

1888: 雪が降る

アロマ館のあるホテル東日本13階から盛岡に

  •  -
  •  -

1887: 物事の本質を知ること(本音トーク)の意味

情報化時代は常に自分を他者の目に触れさせ

  •  -
  •  -

1886: 学び合う幸せ

冬と言ったらクリスマスのイルミネーション

  •  -
  •  -

1885: ハーブのブーケ

本日は北上の野の花館の上野さんとの勉強会

  •  -
  •  -

1884: 花屋の店先では

クリスマスが近くなってくると花屋さんの店

  •  -
  •  -

1883: 魚の棲む川

私が初めて盛岡に来た頃、北上川はもっと茶

  •  -
  •  -

1882: 冬だけどイチゴの紅葉と双葉発見

足下の名も無い草が好きだ。何でここにと思

  •  -
  •  -

1881: アースコレクション

蔦の実が良い具合に板塀に絡まっていた。青

  •  -
  •  -

1880: 種の生き残り作戦

コセンダングサは熱帯地方原産だそうだが、

  •  -
  •  -

1879: 狭いながらも愉しい我が家

寒さ到来、風が身に染みます。暖かい食卓、

  •  -
  •  -

1878: 今日の岩手山

昨日はビル風が吹いて13階のアロマ館はまる

  •  -
  •  -

1876: 冬型うつ(ストレス起因その1)

うつは自律神経の緊張する神経である交感神

  •  -
  •  -

1875: 今日の出会い

今日のように目が回る様な時こそ心を自由に

  •  -
  •  -

1873: 冬の中の希望のゴールデンロット

まるで春が来たような菜の花ではなくセイダ

  •  -
  •  -

1872: 盛岡の絶景

いつもアロマ館の13階から岩手山を撮って

  •  -
  •  -

1871: 今日の岩手山

アロマ館のあるホテル東日本の13階から見

  •  -
  •  -

1870: 初冬の彩

だんだん雨がやんで晴れ間が見えてきました

  •  -
  •  -

1869: 今日の高松池界隈

白鳥が2羽寄り添うように泳いでいました。

  •  -
  •  -

1868: 雨に歌えば

冷たい雨が静かに草木をぬらします。冬の便

  •  -
  •  -

1867: 冬枯れ 

最近、健康でいられる幸せを深く感じます。

  •  -
  •  -

1866: アースの宝石

ゴールドに水晶の首飾りそんなアースコレク

  •  -
  •  -

1865: アースカラー生成り色

こんな生成りの色がとても魅力的に感じます

  •  -
  •  -

1864: 野山を歩く愉しみは

広葉樹の葉が散って冬芽を準備した木々の枝

  •  -
  •  -

1863: 晩秋の湖畔

朝撮り開始です。仕事の時間があるので間に

  •  -
  •  -

1862: 仙人草と思いきやボタンズル

仙人草は毒草の分野です。しかし、毎年この

  •  -
  •  -

1861: 水木の中の仙人草

仙人草はキンポウゲ科のつる性植物で夏頃に

  •  -
  •  -

1860: 小春日和の親子

小春日和でも風は少し寒くなりました。高松

  •  -
  •  -

1859: 大根干し

今頃の季節の風物詩大根干し、水分が多い大

  •  -
  •  -

1858: 北上川河川敷の柳の木を切る理由は?

北上川の河川敷の柳の木が大分切られていま

  •  -
  •  -

1856: おなかすいたよ(母と子のドラマ)

川の真ん中の石の上に眠り込んでいた幼鳥。

  •  -
  •  -

1855: シャドーオブ ツリー

だんだん日が短くなって仕事を真面目にする

  •  -
  •  -

1854: 写真クラブ フォレスト11月例会

ハーブを愉しむ会が終わると昼食を挟んで写

  •  -
  •  -

1853: ハーブを愉しむ会11月例会

靴が落ち葉の中に埋もれていることにご注目

  •  -
  •  -

1852: 明日はハーブを愉しむ会です。

19日は滝沢市のハーブガーデンでハーブを愉

  •  -
  •  -

1851: 秋色のブローチ

ツルウメモドキの赤と白く枯れた花が絡み合

  •  -
  •  -

1850: 木の葉のオブジェ

木の葉が色々に脱色されて良い具合にあつま

  •  -
  •  -

1849: 静寂

曇りの日に写真を撮るのが好きです。人も通

  •  -
  •  -

1848: 青い谷

月に一度東京でセラピーをさせて頂く事は最

  •  -
  •  -

1847: 山霧の里

最近、雨の時も曇りの時も少し暗くなった時

  •  -
  •  -

1846: 霧にかすむ山

暖かいのでしょうか、霧が湧いています。霧

  •  -
  •  -

1845: 山里の実り

1週間の出張から帰りました。また盛岡で仕

  •  -
  •  -

1844: 眠るトラック

どこの駐車場でも夜になると長距離のトラッ

  •  -
  •  -

1843: ミットナイト ロード

出張するときは荷物の関係で必ず車でいきま

  •  -
  •  -

1842: 夜明け

新しい朝は誰にでも希望の朝です。肌寒い眠

  •  -
  •  -

1841: 開かれた窓

仕事場のある東中野の風景です。仕事が始ま

  •  -
  •  -

1840: 虹色のしずく

雨があがって近くの公園の花たちもキラキラ

  •  -
  •  -

1839: 雨上がり

夏に涼やかな青い花を咲かせてくれた園芸種

  •  -
  •  -

1838: 水面に遊ぶ

明日から東京に1週間出張します。盛岡にい

  •  -
  •  -

1837: 風に光る

「撮って撮って」といっているような美しい

  •  -
  •  -

1836: 金襴(きんらん)

♪金襴緞子(きんらんどんす)の帯閉めなが

  •  -
  •  -

1834: 命燃える

命を燃やしきった色とはこんな色なのではな

  •  -
  •  -

1833: 琥珀色の葦

晩秋や初冬の小春日和に見せる飴色の美しさ

  •  -
  •  -

1832: オオバンの想い

高松の池でカモに混ざってオオバンがたくさ

  •  -
  •  -

1831: イタドリの草紅葉

開運橋下の遊歩道にはイタドリの色づきが目

  •  -
  •  -

1830: たたずむサギ

盛岡の駅近くの開運橋の下で白いサギをみま

  •  -
  •  -

1829: セイダカアワダチソウへの道

セイダカアワダチソウは今頃の季節に美しく

  •  -
  •  -

1828: 11月の雨

盛岡駅に用があったので久しぶりにアロマ館

  •  -
  •  -

1827: ナナカマドの挽歌

街路樹のナナカマドの実が雨にうたれていま

  •  -
  •  -

1826: 何気ない風景

盛岡開運橋下散策道にて北上川にそって傘を

  •  -
  •  -

1825: エバーグリーンの笹

昔ワンダーフォーゲル部にいたとき訓練で藪

  •  -
  •  -

1824: 一期一会の愉しみ

写真の深さを学びました。123写真とは面

  •  -
  •  -

1822: 写真クラブフォレスト写真展のお知らせ

本日は明日から始まる写真クラブフォレスト

  •  -
  •  -

1821: 落葉松しぐれ

錆色は確か日本独特の色の名前だと記憶して

  •  -
  •  -

1820: 冬への誘い

もう少ししたらこの道は通行止めになる。そ

  •  -
  •  -

1819: 山里

自然をよく知っている人たちはもうすっかり

  •  -
  •  -

1817: 立冬の彩

色を競う季節が過ぎようとしている。落葉松

  •  -
  •  -

1815: ツルウメモドキの朱

秋に華道の花材として使われるツルウメモド

  •  -
  •  -

1813: 冬を待つ

今日は立冬と息子が教えてくれた。写真を撮

  •  -
  •  -

1812: 枯れ色の美学

道ばたの葉がそれぞれの色や形の違いを見せ

  •  -
  •  -

1811: 秋の舞踏

藍の光の中で思い思いに踊り競う木々の美し

  •  -
  •  -

1810: 草木の輝き

夕暮れ時の美しさは子供の頃から見慣れてい

  •  -
  •  -

1808: 赤い実の誘惑

ナナカマドの赤い実が完熟してとても魅力的

  •  -
  •  -

1807: 空を飛ぶ人

本日は定休日暖かな日射しを受けて岩手山も

  •  -
  •  -

1806: 雑木林から

時間を気にしなくて良いので藪川方面で晩秋

  •  -
  •  -

1805: 緑青色の渓谷

落葉松がまだ散らずに残っていてくれました

  •  -
  •  -

1803: 残り葉の彩

光が美しい時には残り葉にも輝きが蘇る。お

  •  -
  •  -

1802: やさしい色

パステルの絵の中にまよいこんだような優し

  •  -
  •  -

1801: さわやかな一日

さわやかな色のモミジと出会いました。私の

  •  -
  •  -

1799: ノスタルジー

今日は光が落ちていたのでモノクロで撮って

  •  -
  •  -

1798: 残り火

私の仕事はアロマセラピストで心理学のカウ

  •  -
  •  -

1797: 暮れなずむ

暮れなずむ時・・・人は家路に向かいます。

  •  -
  •  -

1796: カラスの時空

アロマ館で仕事の合間に外を見ると5時半位

  •  -
  •  -

1795: セピア色の思いで

人間は思い出を創るために生きていると言わ

  •  -
  •  -

1794: 北からの使者

去年の私なら水鳥達が珍しく白鳥も白鳥だけ

  •  -
  •  -

1792: 雨の高松の池

傘をさしながら、私はじっと立ち止まりこの

  •  -
  •  -

1791: 晩秋の高松の池

  •  -
  •  -

1790: 秋彩の調べ

秋彩の調べ 2015.11.01 岩手公園9月の終

  •  -
  •  -

1789: 落陽

落陽 2015.11.01 岩手公園自分的にはこん

  •  -
  •  -

1788: 小京都盛岡

小京都盛岡 2015.110.01 岩手公園盛岡は写

  •  -
  •  -

1781: 落日

このモミジは夕日を背負って立っていました

  •  -
  •  -

1780: ジャパネスク

日本特有な美意識またはそれによって出来た

  •  -
  •  -

1779: 光の入り口

木々が枝が葉が太陽に向かって手をさしのべ

  •  -
  •  -

1778: 岩手公園のイロハモミジ

今年はお陰様でたくさんの紅葉の写真を撮ら

  •  -
  •  -

1777: 岩手公園 桜の園

「元気を出してください」・・と聞こえませ

  •  -
  •  -

1776: サンシュユの心

サンシュユが雨に濡れて滴が落ちそうです。

  •  -
  •  -

1775: ルブラカエデ燃える

  •  -
  •  -

1774: 石垣と紅葉

今日のルブラカエデはいっそう色鮮やかに燃

  •  -
  •  -

1773: 今日の岩手公園

  •  -
  •  -

1772: 雨上がりのサンバ

岩手公園にいったらお天気雨が降ってきた。

  •  -
  •  -

1771: 森からの招待

森からの招待状が来た。風が運んできた楓の

  •  -
  •  -

1770: 小雨降る

雨に煙る森は黄葉した木々の葉で明るかった

  •  -
  •  -