category: 日記  1/457

雨の日のカワラヒワ

なんか・・文句をいわれているようなカワラヒワのペアー左「あのね、ひどすぎない?」右「・・・・・」右「いちいちうるさいんだよねー」左「ひどいわひどいわ」カワラヒワさんラブトークだったらごめんなさい!...

命が磨かれる時間

傘を差しながら写真を撮るのはちょっと大変。それでも、このしっとりした桜の命を見てしまうとやはり撮らざるを得なくなるのです。仕事までの少しの時間。美しい自然の中で私は命を磨かせてもらっています。...

麗しの桜はあなたの側で

アロマ館の近くには1時間以内で桜の写真を撮れる場所が一杯あります。この季節どこでも被写体になってくれる桜に感謝です。遠くに行かなくとも麗しの桜はあなたの側で咲いてくれています。...

夢見るような水芭蕉が撮りたくて

今年も雪のように白い水芭蕉が咲きました。盛岡に桜の便りが届く頃、水芭蕉はひっそりと森の雪解けの水の中から花を咲かせるのです。水芭蕉は歳時記では夏の季語になるようですが雪解けの中で咲く春の妖精の乱舞のようです。冷たい雪解けの水がこんなに純白の花を咲かせるのでしょうか。...

中央公園の桜たち

お昼の時間を利用してお弁当をもって中央公園に行きました。暑かったので、早々に帰って来ました。盛岡は桜の季節、真っ只中です。...

北上川沿いの春と快の刺激

柳青める北上川にも桜の花が咲きました。この季節、暑かったり寒かったりで身体も調子が狂いがち。ご自分の周りの「美しい」「気持ちよい」「きれい」「嬉しい」等の快の刺激に心向けると免疫力も高まって心も身体も調子を崩さなくても済みそうです。...