category: 日記  1/410

岩手山麓の春の芽吹き

しばらくパソコンを修理に出していたので大変ご無沙汰しました。私がもくもくと仕事をしている内に北国の春は少しずつですが近づいてきました。八幡平から見る岩手山は雪も大部溶けてきて麓には木々の芽が春を告げるように春の到来を知らせる芽吹きに満ちています。北国に暮らしていて良かったことが冬と春の交代劇でしょうか。一歩一歩春が近づいてくることを自然は日ざしや風や視覚や香りで教えてくれます。ランキングサイトに参...

  •  -
  •  -

これってウドンゲの花?

柏の木で苔を観察していたらなんだかウスバカゲロウの卵みたいな物に遭遇。ウスバカゲロウの卵はよく古民家に生み付けられてうどんげの花といわれている。何だか分からないが生物学的に興味を引かれるものだ。昆虫には詳しくないがこの冬をこの形で生き抜いたとしたら表彰状物だ。自然には分からない物の方が多いのだから謙虚になって観察したい。ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。   ...

  •  -
  •  -

岩手公園のアセビの蕾

風はまだ刺すように冷たいが耳当てとマフラーと手袋とスパッツとホッカイロのお陰で散歩も愉しい。岩手公園は雪が溶けて所々ぬかるみがあるが、春は間近だ。日の当たる場所ではアセビが薄桃色のつぼみを付けていた。こんなに可憐な蕾をもつ木も馬酔木と書くように葉は毒だ。昔はこれで殺虫剤を作ったと本に書いてあった。動物は本能で毒を知り、鹿の食害に苦慮している場所では馬酔木を植えると聞いた。春先に純白なスズランを連ね...

  •  -
  •  -

ハーブを愉しむ会3月例会

風はまだ冷たいものの、岩手山がくっきりと浮かぶ良き日にハーブを愉しむ会3月例会を行いました。今回は、ハーブを愉しむ会の会員さんで、求職支援アロマ講座の生徒さんだった猿橋由貴子さんが講師でカモミールのハーブテンクチャー(ハーブチンキ)を作りました。カモミールジャーマンをメインにラベンダーやカレンヂュラという美肌づくりに欠かせない乾燥ハーブをふんだんに使ってアルコールにつけてハーブの有効成分を抽出し更...

  •  -
  •  -

3月9日(木)はハーブを愉しむ会

三寒四温の今日この頃、体調管理が大切です。体を冷やさないようにお互いに気を付けましょう。さて、3月のハーブを愉しむ会は精油で自分だけの化粧水を作ります。昼食はスパイスカレーを作る予定です。お寒い中ですが気を付けていらしてください。ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。    ...

  •  -
  •  -

どこかで春が生まれてる

山の3月。雪がすぐに溶けて雨だれを作っている。どこかで春が生まれてる。確実に・・・・ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。    ...

  •  -
  •  -