Welcome to my blog

癒やしのフォトエッセイ

岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピスト フォトグラファー 勝負沢知悦此のフォトエッセイ

 環境に左右される人間

動物を始め人間は環境に左右されます。進化と言う長い長い時の流れの中で植物も動物も環境に適応するために進化したり退化したりしてきたようです。特に子供は環境に良くも悪くも左右されます。ではどんな環境が望ましいかと言えばお金持ちで無くとも小さい時から親が子供によく本を読んであげたり自分で読んだりして、感動や興味を引き出す事が出来る環境。「大好き」という言葉とスキンシップも勿論大切です。近くの自然に行って...

 自立への道

ヒヨドリのヒヨチャンの幼鳥がなきわめいています。お母さんに助けを求めているのか良くこうした光景を見ますが、ヒヨチャンの親はあんまり手出しをしません。大きくなってもかいがいしくお世話をするスズメとは異なり一人立ちを喚起しているようです。ヒヨチャンの幼鳥はわめきながらばたばたと飛んでは枝に止まっている内に段々飛び方や枝に捕まるのが上手になったようです。親は餌を上手に取れない大食漢の幼鳥のために一生懸命...

 育児疲れ

カルガモの子供A「ねーこの頃ママ元気ないね」B「そうだね-僕たちおいたよそうか」C「もっと良い子にならないと・・」D「この辺で草でも食べてようか」E「ママあってもぼくたちだもんね」てなことをカルガモの子供が言っていたらすごいね。お母さんはいずこも大変!一休みしたいよね。カルガモのお母さん「人間のお母さんはアロマセラピーが受けれてうらやましい!!」...

 花火

北上川に掛かる都南大橋の花火大会に行ってきた。人混みの中を久しぶりに重い三脚を担いで到着。こんなに人がいたんだと思う位人人人。写真の師に花火の撮り方を教えて頂き去年に続き2度めの挑戦。吹く風も涼しくいや肌寒く、虫の音もしんみりとしてススキの穂に赤とんぼ・・・立秋も過ぎ天を焦がす花火かな。ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。    ...

 自分が思った人生に

八月になって遅い梅雨が明けた。猛暑だったり、豪雨だったり、お天気に振り回されることも多いがどんな天気も驚き感じる感性があったら毎日が随分愉しくなるだろう。日々が確実に過ぎて行く。どう生きても同じ時間の中を生きて行くのならせめて、今日も一日が良い日だったと感謝して眠りにつきたい。今日が悲しくてつらくて自分が惨めに思えても、明日は良い日にするぞと思えば必ずそうなる。自分が思った様にしか成らない人生なの...

 天の機嫌

写真を撮りに行くときは必ず傘を持っていくようになった。一度雨に降られレンズを曇らせて懲りたからだ。今日も出かけるときは曇りだったが突然夕立のように雨が降ってきた。大きな傘だから安心だ。今年は雨が集中的に多いせいか緑の成長が著しい。夏草が雨に濡れて情緒をかもし出す。が被害が出るような集中豪雨は困りものだ。何事も良い加減が良いのだが・・お天気だけは分からない。なにせ「天の機嫌」だから。ランキングサイト...