07
2014

アロマセラピストには定年がない

CATEGORY日記
90.jpg
岩大のプラタナスは市街地のプラタナスのように丸坊主にしないので
こうして春になると花を咲かせます。

人生は今や80年なんでしょうか。60歳の定年なんかとても早すぎて勿体ないと思います。
その反面若い人たちの活躍する社会も必要ですので双方に上手くいくには一般企業や事業では
定年をきめる必要もあるのでしょう。

アロマセラピストはどうかというと個人企業の場合定年はありません。
自分が元気であれば何時までも仕事が出来て臨床例もたくさん頂けるので
クライアントの方々にはより安心感があることでしょう。

私がアロマ館を開いた時、クライアントの方々から口を揃えて「良い仕事ですね」と
言って頂きました。私自身自他共に癒されるこのアロマセラピーは年月を追う毎に
なんてスゴイ代替療法であり補完療法なんだろうと嬉しくなります。

セラピストは人々の抱えているストレス由来の心と身体の不調のバランスを精油と
植物オイルとセラピスト自身の温かい手でリンパトリートメントをして元々の
その方の良い状態に戻す5000年の歴史のある香りの療法を駆使します。

ご自分の生き方がまだ定まっていない方やクスリを飲んでも改善しない方
不眠や冷えで体調が思わしくない方。又は他者のためにご自分を役立たせたい方は
アロマセラピーを一度体感してご覧になる事をオススメします。

日々心が充たされ身体が元気で満ち足りた人生の希望がみえることでしょう。