26
2014

心にストレスというトゲがささった時

CATEGORY日記
114.jpg
まだ眠りから覚めたばかりのブナの緑の赤ちゃん
117.jpg

目にも優しい八甲田のブナ林です。この緑にどのぐらいの人が癒されてきたのでしょう。
雪で覆われた大地から生命の息吹が躍動していつしか根雪も溶かします。ごーごーと
今の季節ブナの地下水が湧き溢れてきます。

ひとはどんな時にストレスを感じ、また癒されたと感じるのでしょう。
仕事や勉強で頑張っているのに頑張れば頑張るほど上手くいかない時
得意でないことを義務でやる時、いやだいやだと心で思いながら生活のために・・
自分に自信が無くてまだまだとか、もっともっとと自分にムチを打つとき

心にストレスというとげが刺さったときはどうすればよいのでしょう。

こんな自然の中で目を閉じて小鳥の声を聴いたり風を感じたり新緑の緑にすっぽりと身も心も
包み込んでもらうと心のトゲがすっと抜けて心がまた元気に膨らんでくることでしょう。
その時ぐらい、考えるのはお休みにしましょう。

自然は偉大なセラピストです。
耳を澄まして感じて見ましょう。あなたの心が温かさを取り戻してお腹がすいてきたら
ちよっとした温かい飲み物と温かい食べ物で心が満ち足りる事でしょう。

ストレス初期の方におすすめです。
私も自分を癒すときは大自然にお世話になります。元気を頂けて本当に有り難いです。
筋肉を使いすぎないように要注意です。うっすら汗をかく位の適度な疲労は心地好い眠り
を誘ってくれます。ゆっくりお休み下さい。