21
2014

ドクダミの薬理作用

CATEGORY日記
146_201406210141260e8.jpg
一面のドクダミの群生この花を美しいとみるか増えて困るたんなる草と見るかで真価が変わります。

ドクダミは十薬ともいい動脈硬化の予防急性腎炎、むくみ、蓄膿症、水虫、痔、便秘、更年期の
不正出血、解熱、解毒などによく使われています。

スゴイ薬草なのにニオイの為に忌み嫌われることもありますが花の咲いている今の時期に
刈り取って乾燥させペパーミントやスギナと共に美味しく毎日飲むと美味しく毒出しに成って良いでしょう。
あまり煮出さないでハーブティのように飲んでみると飲みやすいです。

写真は滝沢市のハーブガーデンのドクダミです。