28
2014

はかなげで一途なマロウの花

CATEGORY日記
152_20140628031252e90.jpg
朝咲いて夕方にはしぼんでしまうマロウの白花。ガーゼかティッシュのような風合いです。

マロウの中でもコモンマロウは花が紫で呼吸器官を鎮静する薬理作用をもちますが
この儚げな白花マロウも似たり寄ったりです。若い葉はねばねばが美味しいくおひたしなどに
最適です。ちなみにマロウは日本名は葵。徳川家の御紋になってあの有名な水戸黄門の印籠
も徳川御三家なので葵の御紋です。

夕方の風に揺れる姿は本当に美人薄命の気高さでなんとも美しくも命のはかなさを
彷彿とされます。かといって次の朝にはオハヨ-と言わんばかりに蕾を優雅に開きます。
一日を精一杯頑張って生きている女性のようでもあります。