28
2014

鉄分の多い野カンゾウの花

CATEGORY日記
192_20140728064140513.jpg
ハーブガーデンで増えた野かんぞうの花

日本の野かんぞうはハーブ名は1日で終わるのでデイリリー中国では乾燥した蕾を
金針花と言って鉄分を多く含むので貧血の妙薬になります。

かって私のハーブ畑にデイリリーを一杯植えて花を冷凍庫でストックしてジャムにしたことが
あります。癖のない味でしゃきっとした歯ごたえの残る美味しいジャムができました。

花を食べるのは気が引けますが1日で終わる命を頂く事で命が又蘇るような気がして
大切に頂きました。1日で終わる花には葵科のコモンマロウがあってこの花は気管支の
不調の時にお茶で飲むと良いとされています。良くラベンダーの蕾とブレンドしてレモンを
添えて薄紫からピンクになる「夜明けのスザンヌ」というしゃれた名前のハーブティとして有名です。