05
2014

タデ食う虫も好き好き

CATEGORY日記
259_20140905205857f25.jpg

植物は何らかの薬効成分や有用価値があると言われています。写真のタデはイヌタデ。
春から夏にかけておひたしや天ぷらで愉しめる。染料に使われるアイの仲間でもあり
タデの仲間は種類が多い。

「タデ食う虫も好き好き」のタデはマタデといってヤナギタデの種類。
タデオナールやイソタデオナールという辛み成分があり、刺身のつまやアユの塩焼きを
引き立たせるタデ酢の原料になったようだ。

ハーブガーデンでは幸か不幸かまだタデはあまり見つけてはいない。
小さい頃に赤まんまと称してオママゴトに使った方も多いのでは・・・
今の子供はおままごとという優雅でかつ大人の日常を模した遊びをしているのだろうか。
「あなたはお父さん、あなたは赤ちゃん、私はお母さんよ」などという会話は昔は
家々のお庭や縁側のあちこちで聞こえた物だったが・・・・