15
2014

病は気から

CATEGORY日記
375_20141115014613cc0.jpg

「病は気から」・・とは古くから言われてきた言葉ですが
アロマセラピーのように心と身体(肌もふくめ)が密接に関係することを前提にしている自然療法
であり代替療法では全くその通りだと感心します。

例えば緊張しやすい性格の人は完璧を自分に要求するので完璧にしようとすればするほど
自分に負荷を掛けます。自分の実力で最善を尽くそうと思うだけで気は楽になり緊張状態から
抜け出られます。検査でなんでもない場合は薬に安易に頼らない方法も必要でしょう。

リラックスはマジメな人には必要なアイテムです。緊張ばかりではどこもこちこちになって
段々むくみや不眠を起こす冷えやうつにつながるからです。アロマセラピーは「温泉に入るより身体も
心もポカポカになって軽くなった」と驚かれます。リラックスは血液の循環も良くし、心も身体も軽くする
のですね。

写真は冬場の鳥達の餌になるナナカマドの実です。冬になっても赤い実を残して居るところを見ると
あまり美味しくないのでしょうか。初冬の絶好の被写体です。