Welcome to my blog

癒やしのフォトエッセイ

岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピスト フォトグラファー 勝負沢知悦此のフォトエッセイ

 銀河高原ビールに教えられる事

445_20150114025151be8.jpg

私は数十年前に疲労の蓄積で生命力の臓器の腎臓を病んで1ヶ月ほど天井を見て唯々寝て完治
しました。それからは自分の身体の中で老廃物の解毒器官の腎臓肝臓を大切にしています。

天然酵母が肝機能にも良いからと友人から銀河高原ビールを奨められた。ほとんど飲めない私でも
肝臓の調子が良いときはバイツエンをジョッキ半分位は飲める時があります。しかし、調子の悪い時は
一口泡を飲んだだけで美味しくないのです。そんな時は私の「肝腎機能も調子が悪いから身体を暖めて
早く休みなさい」と言うことねと悟ります。

美味しいと言うことも身体が教える大切なサインだと感じます。
お陰さまで肝臓と腎臓を大切にしているのでそれからは全く元気で風邪すらひきません。

セラピーにはセラピストの生命力が必要とされます。自律神経を乱したストレスに満ちた心と身体は
氷のように芯が冷えているからです。温泉に入ったより暖かくなったといって頂くためには
常に我が身の腎臓肝臓という肝腎要の臓器が調子良い必要があるということです。

冷たい物はほとんど口にしませんがこのビールだけには時々お世話になって居ます。
仕事が終わって飲むバイツエンが美味しく感じられるような身体で居ることは私の理想です。
ちなみに美容にも良いそうですよ。