Welcome to my blog

癒やしのフォトエッセイ

岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピスト フォトグラファー 勝負沢知悦此のフォトエッセイ

 憧れていた岩手で出会えた物

449_201501182159113e4.jpg

私は仙台出身です。仙台もなかなか良い街だと思いますが
今の私は盛岡を含む岩手が大好きです。小さい時に兄が宮沢賢治のソノシートを買ってくれました。
音楽と宮沢賢治の童話の朗読が何編か入っていました。

私のお気に入りは「やまなし」「ゆきわたり」でした。本になって居てキレイな絵も付いていました。

それから数十年後ひよんなことから憧れの盛岡に嫁ぎ子供のために朗読のカセットの付いた
賢治の全集を買いました。子供達のお気に入りは「オッペルと像」そうして何と言っても「注文の多い料理店」
私も子供と一緒に何度も何度もくり返して聞いた物です。今、詩人でイラストレーターの息子は
「虔十公園林」が大好きだったようです。

四季折々賢治の童話が思い出されます。夜に遠くに夜鷹の声を聞くと「夜鷹の星を」
スズランの赤い実を見れば「貝の火」を花巻に行けば「銀河鉄道の夜」をと言った具合です。

更に光源社は仙台にいるときから憧れの場所でした。
頻繁に珈琲を飲みに立ち寄れるほど今は職場のアロマ館と近い所にあることも嬉しい限りです。
賢治の愛した岩手の風や木々や色々な自然から生まれたちいさなお話しが透き通った本当の食べ物に
成った事を私は感じます。

光源社の敷地中にある宮沢賢治のCDの朗読がゆっくり聞ける場所で