Welcome to my blog

癒やしのフォトエッセイ

岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピスト フォトグラファー 勝負沢知悦此のフォトエッセイ

 メンタルケア 癒されると治る力・自然治癒力

469_201501290307210be.jpg

心と身体は1つです。
心が病むと身体も病みます。身体が病むと心も病みます。
これは自律神経のバランスが関係しているので、多くの場合薬ではなかなか改善できません。

生物にはもともと進化の過程で自然治癒という力を備え持ちます。
野生の動物や犬や猫が傷付くと薄暗い静かな場所で傷口をなめて治している行為です。
じっとうずくまって傷や病いが癒えるまでじっとしています。彼らは自然治癒力の存在が
生まれながら備わっている事をきちんと命で感じ取れているのです。そうしてどうしたらよいかを
命が感じて行動しています。驚くことに植物にも備え持つ力です。その力を奪っているのが
農薬と過度の肥料です。

人間は進化の頂点にいる動物ですから勿論自然治癒という能力をみんなが備え持って生まれて来ます。
しかし漢字から見ても癒されると治る力ですから生命が癒されたと感じる事が必要条件です。

癒しとは命が満足することでしょうか。命が快と感じないことは意識が満足しても無意識を司っている
命は満足しているとはいえません。

命が満足する事とは先ず、考える脳を休めて熟睡することです。充分に休養を取るとそれだけで
命は満足します。休養を取れば命はまず、お腹がすいたと感じさせるでしょう。シンプルな食べ物が
とても美味しく感じるはずです。

食べれば出したくなります。排泄は大切な癒しの成果です。身体に溜まった毒素が外に出れば
血液は浄化され、さらさらと身体をくまなく巡るでしょう。すると心の奥深いところで「ようしがんばるか」
という想いが自然と湧き上がって来ます。元気になったことを命が感じます。

快眠、快食、快便は健康のバロメーターです。
痛みは、さらさらな血液が巡っていないことを教えてくれる命のSOSです。

メンタルケアが自律神経のバランスのくずれと深く関わる所以です。
自然治癒力を高めるには正統なアロマセラピーがお奨めです。ちなみに健康とは「健やかな身体
安らかな心」の意味だそうです。更に元気とは気が元。気とは生命エネルギーのことです。
あなたの生命エネルギーは満タンですか。自然治癒力は健在でしょうか。