24
2015

御一人様の癒しの本

CATEGORY日記
522_201502240039005ea.jpg

523.jpg

ちょっと時間が出来た時とかお風呂に入る時とか見たくなる本があります。
「カントリー・ダイアリー」はナチュラリストにはお馴染みの本で作者のイーディス・ホールデンの
キレイな水彩画とイギリスの自然の移り変わりが日記風に描かれています。訳もすごいです。

実はこの本は、10年以上前に山口県に子供と旅をした時に古本屋で見つけました。
私にとってはダイヤモンドより欲しい物なので即購入しました。見る度に幸せになります。
特に小鳥や水鳥を身近に感じる今この本に描いてある鳥の名前が分かるようになったのも嬉しいことです。

「森からの手紙」と「植物は不思議が一杯」は寝る前に布団の中で良く読みました。時々お風呂の時の
おともにもなるのでかなりぼろぼろですがもともと本のソムリエを自称する息子が古本屋で100円で
買ってきた物をもらいました。

勿論新しい本も大好きですが古本は廃盤になった本も見る事ができて時には格安で嬉しいです。
それらの本がゆっくりした時間のコーヒーブレイクや寝床の温かさ等のマッタリ感と解け合って私には
よくフィットして心から癒される時間に成ります。自分だけの御一人様のスペシャルな時間というべきでしょうか。

本にも好き好きがあるのでお奨めというわけではありませんが自然が好きな方ならゆっったりして
いただけるかもしれません。本にも人と同じく出逢いがあると思いますが私のように息子がソムリエ的に
選んできてくれる本を読むのも自分だけの視野ではなく面白いなと思って感謝しています。