25
2015

馬酔木の名前

CATEGORY日記
623_201503252058574d5.jpg

今日も冷たい風が頬を撫でていきました。
この冷たい風が春先はくせ者で折角冬を越したタイムやローズマリーの根を浮き上がらせ
枯らしてしまいます。

今日は昼食後少しだけ岩手公園に足を伸ばしてみました。

馬酔木(アセビ)が可憐なスズランのような花を付けていました。こんなに早く咲くとは驚きです。
馬酔木という漢字はよく漢字の試験に出てきていたのでお馴染みです。馬が酔う程の
毒があると教えられ、スズランのような花は可憐なのに毒があるのかと意外に思ったのを
覚えています。

名前のタグを見たら英名がスズラン同様リリーオブザバリーとあってスズランと分けるつもりなのか
ブッシュと書いてありbushはやぶと言う意味なのでなんだか可笑しくなりました。
ロマンチックな名前も後に付いているbushとそれに毒の花というのがインパクトがあります。

麗しけれど毒を含むこの小灌木はこんな風の冷たい日には嬉しい春の訪れを感じさせる
谷間の百合のような花でした。