27
2015

宮沢賢治の世界を共感

CATEGORY日記
629.jpg


624_20150327015414b36.jpg

628.jpg

625.jpg

626.jpg

627_20150327015527030.jpg

本日はアロマ館の定休日なので花巻の賢治記念館まで足を伸ばしました。
お目当ては記念館の下に広がる雑木林とイギリス海岸。賢治さんの感じた光や風。

日の当たる雑木林の中にはカタクリの花がもうすぐ咲きそうでしたし、あとはふわふわと白い毛に包まれた
賢治さんが愛したオキナグサや小さな小さな種付け花が枯れ葉の中から芽を出していました。

雑木林の中で春の光と風を身体に感じて写真を撮っていると一瞬ザワザワと落ち葉が風に舞って
不思議な感じがしました。雑木林の中で空を見上げながら賢治さんは山にいる大男とお話しをしたのかも
しれません。

上に登ると電信柱にクマ注意の張り紙が・・・・こんなに開けた所にも熊が出てくることの悲しさや
賢治さんの作品の「なめとこ山のくま」を思い出して怖いと言う感じがしませんでした。

すっかり賢治さんの世界に身を委ねイギリス海岸に向かったのですが風が急にゴーと吹いて
日の光が陰って寒くなってきたので又今度と言うことにしました。

今日の光や風や木々の葉や植物たちの出会いが思い出となって賢治さんの言うように
「私の心に本当の幸い」をもたらしてくれることでしょう。
ありがとう今日と言う日。ありがとうイーハトーブのすべての命。