10
2015

初夏の予感

CATEGORY日記
771_2015061021115923c.jpg
東中野のアロマ館近くのグリーンベルトの中の昼顔を朝撮りで撮った。

772_20150610211219d59.jpg
ごか市の道の駅のトイレの所に巣を作って居たツバメ。子供が大勢でお母さんも大変そうだ。


季節感が薄れているとは言え昼顔が咲く季節や子ツバメが巣の中で親をしきりに待つ姿を見るのは
やはり初夏の頃だろうか。

旬を感じ取る心は嬉しくもありわくわく感があるのはなぜだろう。
忘れないでこの季節に顔を見せてくれる喜びが心の中で何かが生まれるきっかけに成るのが分かる。
単純に心とは気持ちの良いこと、嬉しい事、愉しい事、ワクワクする出逢いが好きなのだろう。

出逢いの愉しさや心の中の喜びが知らず知らずのうちに希望や元気を生む原動力になるのは心が渇望して
いるからなのではないだろうか。心は虚しくない満足感を求めているようだ。