25
2015

鉛色の空の日は

CATEGORY日記
_9250056.jpg

今にも泣き出しそうな鉛色の空
こんな日に写真を撮ると優しい色合いの写真が撮れます。

誰もいない岩手公園
木の実が落ちる音だけが静寂を破ります。

こんな秋の日は一人でかさこそ落ち葉を踏んで歩いてみると
心配や不安に押しつぶされた心が大丈夫大丈夫と思えるから不思議です。