29
2015

挽歌

CATEGORY日記
_A290146.jpg

暮れなずむ秋の日にその森はどこまでも明るく私を迎えてくれた。