07
2015

ツルウメモドキの朱

CATEGORY日記
31_2015110801551321d.jpg


秋に華道の花材として使われるツルウメモドキ。
始めは黄色の果皮を付けそれが3つに裂けて鮮やかな朱赤の赤い玉を出します。

この赤い玉は果肉ではなく仮種皮というものだと図鑑に書いてありました。
鳥はこの甘く苦くえぐみのある仮種皮ごと食べて中の種子を遠くに運ぶようです。

紅葉が終わった山里ではこのツルウメモドキの果皮と仮種皮の黄色と赤の対比がみごとです。