19
2015

個体差という個性(みんな違って良いんだ)

CATEGORY日記
135_20151219132251e00.jpg

公園で珍しい色の鳩と出逢いました。
突然変異なのか幼鳥なのか、詳しくないので分かりかねますが
鳩もよく見ると一様ではない気がします。

個性、個体差という物が生物にはあるようです。
ラベンダーの精油にしてもメーカーによって香りが異なるので
実際自分で嗅いでみないと好きか嫌いか分かりません。

精油が薬として日本の法律で認められない理由の一つが個体差のせいのようです。
採ったラベンダーの精油が世界のどこでも均一であると言うことは自然界ではありえないことでしょう。
含有成分が似ていても占める割合が違ったりします。

と言うことは人間も皆違って当たり前と言うことになります。
違うことを排除するのは自然そのものをを排除するのと似ているなと感じました。

ちなみに写真で言うと主役は手前の鳩、後ろの鳩は脇役ですね。
それはそれで、基本はみんな違って良いんだと言うことです。

後日記
鳩を飼っていた方から聞いた話ですが鳩にはこの栗毛の種類や白や黒い鳩もいるそうです。
アフリカ大陸から始まった人間みたいでその環境によって色が変わったのでしょうか。

ダーウインもガラパゴス諸島でこうして進化論をとなえたとすると興味のあるところです。
人間も環境に左右されます。良い環境を作るにはまず自分が良い環境になる必要がありそうです。