13
2016

日光アレルギーについて

CATEGORY日記
580_20160513153349f1b.jpg

昨今、紫外線の害とかで過剰に反応しているのでは・・と思うふしがあります。
実際日光に当たると湿疹がでたりするようです。

どちらかというと神経質でねばならないという考え方をなさる方が多いようですし、
太陽の光が強いときに自分では忘れている何か嫌なことがあったのかもしれません。
脳の海馬がきちんと記憶していて太陽にあたるとまたあの嫌な刺激の時と同じと
判断して湿疹やアトピーの症状を出すと言うのが脳科学から見た原因と結果です。

ですから、太陽を敵対視せず、気持ちよい状態でひなたぼっこや呼吸が楽になる
小休止を入れてみたらいかがでしょう。五月の若葉は目にも鮮やかでうつくしいです。

嫌だと思うと瞬時に呼吸は速くなり、血液はどろどろし、免疫が低下していきます。
どうか愉しい五月日和をお過ごしください。