18 2016

美しい物は美しい

607_201605181724485e6.jpg

一昔前はボタンやシャクヤクはあまり好きではありませんでした。
しかし、食事の好みが変化するように花の好みも歳と共に変化してきたようです。

ボタンとシャクヤクは立派なハーブです。それを意味も無く嫌っていたのは自分の偏食のような物だと
感じました。確かに人には添って見ないと分からないし馬には乗ってみないと分かりません。

自分の好き嫌いの尺度に振り回されると本当に良い物との出会いを失うこともあるのだと
この年になって感じる次第です。ごめんねボタンさん。シャクヤクさんとの違いもちゃんと調べたからね。