07
2016

スギナの収穫

CATEGORY日記
351_2016060720443525e.jpg


今日は滝沢市のハーブ公園にスギナを頂きに行きました。
そろそろハーブが花開きハーブ公園はスギナの緑の中にハーブたちが生き生きと育っています。
ハマナスの白い花や可愛いピンクのバラも咲き始め良い香りを放っています。

まず、タイムは背が高くならないのでタイムと競争しているスギナをはさみで刈り取り収穫。
次はレディースマントルと競走しているスギナを刈り採り頂きました。都市計画課には事前に
その旨を連絡してあります。

特に、レディースマントルは若い芽が蒸れに弱いのでスギナを採って風通しをよくしました。
ハーブを植えていることで虫がほとんどいないので刺されることもなく快適にスギナの収穫が出来ました。

あとは、さっと洗って風通しの良い場所でからからに乾燥してお茶にしたり、抹茶と見まがう
粉末にして何にでも振りかけて気軽に食べることが出来ます。ハンバーグ、天ぷらすべてのお料理に使えて
とても便利で美味しいです。乾燥したスギナをウオッカに漬けこむ化粧水はあらゆる肌の不良に対応するようです。

ドイツのセバスチャン・クナイプ神父は科学的な知識に基づいて植物療法を始めた人ですが
クナイプ療法の中にもスギナが取り入れられ出血、膀胱、腎臓、肝臓、糖尿、結石、カリエス、
ガン、リュウマチに効き、悪い物を洗い流し、溶かし、痛んだところを取り除く働きがある・・・としています。
クナイプ自然療法は現在健康保険の適用もうけられるほどドイツではポピュラーな療法です。

また、オーストラリアの生物学者リヒヤルト・ブルフォートもスギナをお茶にして長く飲んでいると
ケイ素の働きで細胞が活性化されついにはがん細胞を崩してしまう事を発表しています。

私は仕事柄、腎臓や肝臓を特に気を付けているので日々お茶で飲めることは有り難いことです。
私の健康の秘密かもと思っています。

月の第3木曜の10時からハーブを愉しむ会を行っていますがスギナのことが気になる方はどうぞ
いらしてみてください。きれいなところをお持ち帰り頂けます。(買うとお高いようですよ。)