Welcome to my blog

癒やしのフォトエッセイ

岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピスト フォトグラファー 勝負沢知悦此のフォトエッセイ

 光源社での出逢い

619_201607191729118d0.jpg

久しぶりで光源社に行ってみました。
材木町の光源社は言わずと知れた宮沢賢治の「注文の多い料理店」を出版したことで
有名ですが、岩手は勿論、日本中の民芸や外国の民芸を扱っている有名な場所です。

私も仙台に住んでいた時は一度で良いから行ってみたいと夢見た場所です。
それが今やアロマ館と目と鼻の先に有るなどと言う巡り会いの不思議さを感じます。

さて、写真を撮ろうとしたらイヤにけたたましく鳴く鳥がいて見上げると、どうもヒヨドリの
幼鳥が親鳥を呼んでいるようです。叫びながら飛んで行きました。

617_201607191648311be.jpg

珈琲館の前でお店の人たちが集まってなにやら地面にいる物について話しています。
なになにと近寄ってみると片方の前羽が無くなっているアブラゼミが地面にうずくまっていました。
箒とちりとりで捕獲しようとしているお店の人は「昆虫は苦手」と、びくついています。

セミなら私でも大丈夫。子供達と訓練したセミ捕獲の技を発揮して近くの杏梅の木まで
連れて行きました。烏などに狙われないように命を全うして欲しいと願うばかりです。

しかしまさか、あのヒヨドリのヒヨチャンがセミをつんつんしたのではないかと時間の経過を見ると・・・
もしかして・・木の実しか食べないヒヨチャンも幼鳥の時はタンパク質も食べるらしいから・・・
うーん・・光源社でのいきもの物語でした。

618_20160719170721f66.jpg
疲れ切ったセミさん。