Welcome to my blog

癒やしのフォトエッセイ

岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピスト フォトグラファー 勝負沢知悦此のフォトエッセイ

 魔法の杖イタドリ

778_201609161733454e1.jpg

777_20160917122755737.jpg


秋風が立つ河原にイタドリが白い可愛い花を付けて早くも鈴なりの実を付けている。
乾燥した太い空洞の茎は山歩きの時の杖になる。軽くて丈夫でなかなか優れた杖だ。
亡き父が山に行くときにいつも現地調達していた。どこにでも生えているからだ。

日本では日本書紀に眉目秀麗な反正天皇の名前にこの花の名が使われていたと
森昭彦氏の「身近な野の花の不思議」に書いてある。平安時代に漬け物として朝廷で
食されたようだ。痛み止めからの名前らしく痛みや擦り傷切り傷に良いとされている。

今は使う人も無く、河川敷で草刈り機で刈られては100倍返しで増えていてなかなか
繁殖力も素晴らしい。これからの季節は赤や黄色に色づいた葉が人目を引くことだろう。

しかし、私にとってはなによりも、父と歩いた時の思い出の魔法の杖だ。
父がこの杖を片手に仙人のように山を歩く姿が目に焼き付いている。



アロマ館ソートフル

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真