07
2016

元始、女性は太陽だった!

CATEGORY日記
1149_2016120703032537b.jpg


冬の太陽はありがたい。イソップの童話「北風と太陽」をしみじみ感じる。
誰だって、北風より温かなぽかぽかした太陽が嬉しい。
臨床例で冬場は100パーセントの方が温かいと表情が幸せそうになり「温かくて気持ちいい」と
言う言葉が自然に出てくる。

特にお母さんは太陽の様に温かでぽかぽかしていると家族は安らぐ。
昨今お母さんも仕事を持っている方が多くなって「そんなにニコニコばかりしていられない」と
お叱りを受けそうだ。

しかし、あえて言うならニコニコしなくても良いから家族を包み込んで、小言ばかり言わない努力は
必要かも知れない。小言や皮肉を言いながら自分だけがせわしなく動き回っていると家族は
いつの間にか手伝ったりしなくなる。何かをやってもらったら感謝、感謝。「助かるわ」の一言が
家族の絆を深めていく。せめて家だけはお母さんも含めて疲れて帰ってくる家族のオアシスでありたい。

それはお母さんという太陽がいる必要があるのだ。立派なお母さんで無くとも良いから
温かなコタツのような存在で自分も家族も家で元気を復活させてまた次の日、元気に社会に
学校に出ていけると幸せだ。アロマ館は疲れたお母さんを応援します。

追記:仕事の関係でブログを1週間ほどお休みさせて頂きます。ワクワクや不思議を一杯集めてまたお目にかかります。
ご予約は随時お電話でお受けしております。070ー5623-4146まで、宜しくお願い致します。


アロマ館

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真