08
2017

ワクワクすると脳は喜び若返る

CATEGORY日記
北上川に珍しいコガモがペアーで来ていました。
コガモは図鑑によると淡水ガモの中では一番小さくロシアから8月下旬には渡来しているとか。
更にオスは渡ってくる時はメスと同じ地味な羽色で繁殖期の冬になるときれいな繁殖羽になるそうです。
ピリピリ・・とさえずって頭をそらし、おしりをプリット持ち上げるデスプレイダンスをするそうです。

自然は不思議に満ちていて只見ていても愉しいけれど、ちょっと興味を持って調べてみるともっと
大きな不思議が発見されて「よしまた明日休憩時間に行って観察してみよう!」と言う興味が湧きます。
この世の中での大いなる発見は「なんでだろー」という本当に些細な驚きから始まっていることだと
感じます。この驚きは脳細胞を活性化していつまでも若く生き生きと生活できる源にも成るようです。

1217.jpg

仲良く泳いでいますが、もう求愛は終わったのでしょうか?余計なお世話でした。

1219.jpg

オスの頭はおにぎりのようで可愛いです。考えてみると羽が生え替わって違う色に成るのはどういう
仕組みなのでしょうね。繁殖羽なのでホルモンの関係でしょうか?不思議です!人間も「色に出にけり我が恋は」
等といいますが・・・コガモは分かりやすいですね。

アロマ館

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真