20 2017

良い加減はバランス感覚

1271.jpg

「良い加減をモットーにしています」と言うと多くの人は怪訝(けげん)な顔をします。
いつから私が良い加減を深く胸に刻んだかといいますと、やはり頑張りすぎてかれこれ25年
位前に腎炎になったからでしょうか。目が開かないぐらいの倦怠感と高熱でした。

1ヶ月間自宅でトイレ以外は天井を見て寝ることを主治医に厳しく言われ養生をしました。
寝ていると自分が結構責任感が強く真面目な性格で要領が悪いことまで分かってそれでも
責任を果たして倒れたことにすこし、安堵の感もあったように思います。

そうして、寝ながら段々考える事を止めて自分を責めるのも止めてただぼーっとしていると
窓から青い空が覗き、白い雲が浮かび小鳥の鳴き声が近くに感じるようになって「ああ、
本来私はこんな感じで生きるのが好きなんだ」・・と自分の命が一番喜ぶことを思い出して
くるのです。

プラスマイナスを漢字で書くと「加減」・・足したり引いたりして良い状態を知るということでしょうか。
シーソーを考えると力が左右に正しくかかっていないと均衡が崩れます。つまり、良い加減とは
バランスだと気づきました。そうしてその人なりの良い加減があるので自分で感じるしかありません。

すると、世の中の多くがバランスで成り立っていることを知ります。それ以後出逢うアロマセラ
ピーで問題にする自律神経も緊張の交感神経とリラックスの副交感神経のバランスだと心から
理解できるようになりましたし、命の脳は実は良い加減が大好きと言うことも分かりました。

病気もバランスの崩れで起こりますがその前に命は不調としてきちんと教えてくれている事や
未病の内にバランスの崩れを整えれば元気になることを気づかせてくれると知って、それからは
生命力と解毒の臓器の腎臓の調子を快不快のバランスで計り知ることができ、決して良い加減を
崩さないように生活すると腎臓ばかりか風邪も引かない元気な心と身体になりました。

写真の師からも「写真はバランスです」・・と教えて頂き、宇宙のバランス地球のバランスと自分の
リズムを合わせて日々のセラピーと一写を良い加減で心がけています。

アロマ館

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ