04
2017

裸木の輝き

CATEGORY日記
1339.jpg


1340.jpg



節分が過ぎ、今日は春分、暦の上では立派な春。
「春は名のみの風の寒さよ」・・と早春賦を口ずさみながら
それでもちゃんと春はやってきている。

以前から裸木の美しさに惹かれている。特に春が近くなると
木々に当たる陽光は葉を落とした木々に
優しく慈愛を込めて降り注いでいるようだ。

山々が裸木の梢の様々な色で笑っているように感じる季節になろうとしている。
山が笑っているのを見るのはなんと心愉しいことか。

アロマ館

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ