16
2017

1本の桜の古木の生き方

CATEGORY日記
1568.jpg
岩手公園の桜の古木を見ていたら幹から出る桜の若芽に混ざって色々な生物がちゃっかり住まわせてもらっていました。

苔やきのこ達
1567.jpg

どこから飛んできたのか茅の木
1569.jpg

どこから来たのか紅葉の木
1570_2017041701105745a.jpg


みんな良い環境だと思って菌糸やら胞子やら種を桜の古木に託したようにみえます。
桜の古木はもう永くない命を悟っているように新しい命の循環に自分の身を差し出して
いるのでしょうか。自然の循環のムダのなさは森を見れば分かります。

古木は力を振り絞り花を咲かせ若葉を繁らせ鳥を呼び養い、そうして、生きながら土の
働きをもして多くの微生物や虫たちを呼び、自分の体を土に返す事にも貢献しているのかと
思いました。そうして命の循環は淡々と行われるのでしょう。

この桜の木はいつからここにじっと立って盛岡の人たちの生活を見てきたのだろう。

1572.jpg


ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。


  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ