19 2017

渋民保育園でアロマタッチセラピーの講習会

本日は五月晴れのなか渋民保育園の講習会に呼んで頂きました。
テーマは「アロマセラピーのタッチで親子の心のふれあいを」
0才から2才児を保育園に預けているお母さんが対象です。

働くお母さんにとって仕事と育児と家事はなかなか大変な重圧になります。
まず、お母さん方のストレス(イヤダナ-と言う刺激)を好きな精油を嗅ぐことで
副交感神経を優位にして頂き、更に温湿布と手浴ですっかりリラックス状態に。
「気持ち良いー」という声が一杯聞こえてきました。

温かい手でのタッチはそれだけで気持ちが良い物です。お互いに背中をタッチして
初めてのお母さんもすぐに仲良くなりました。大切な人に大切なタッチセラピーを。

次は植物オイルでのハンドトリートメントをペアーで。ティシュペーパー1枚分(0.1ミリ)
の厚さの皮膚の薄さが全身を守っている事を知ってちょっと驚き。
だから力はいらない優しいセラピーの意味を理解して頂きました。

渋民保育園は園長が遊座先生。親子3代目だとか。きめ細かい保育理念とお母さん支援の
熱い思いにとても感動しました。年長さん達が興味津々で見学していました。
「いいかおりだねー」と大喜び。

いつも頑張っているお母さん達はいつもニコニコしていたいのに疲れて、まま成りません。
今日帰って習った事を子供さんにしてあげたいと言っていました。
お世話頂いた山根先生始め保育士のみなさん、ありがとうございました。
またお逢い致しましよう。遊座園長先生に心より感謝申し上げます。

「幼児にはスキンシップがとても必要です。その欲求がかなえられなくれば
他のどんな欲求がすべてかなえられたとしても子供が成長してから常に
苦しむことになるでしょう。」
   「タッチング」皮膚の偉大さより・・・・・アシュレーモンタギュー博士



1732.jpg


1731.jpg


ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ