23
2017

ハーブのワイルドガーデン

1806.jpg

1803.jpg

1804.jpg

1805.jpg

1807.jpg

1808.jpg

6月のハーブワイルドガーデンは実に美しい。ハーブはスギナに負けず
に大きく立派に育ち見るからに生命力に充ち満ちて元気だ。

2ヶ月前に植えたハーブたちも元気に根付いてくれた。仕事が終わって
駆けつけた時間が5時近くだが、まだまだ光が美しく、スギナ収穫するために
許可を得て来た物のやはり、ハーブ園の自然な美しさは昨日森の草原の
お花畑とはまた、趣を異にして美しいの一言だった。

無農薬、無肥料を掲げて取り組んできたがこんなにハーブが
イキイキと元気だと嬉しさ百倍だ。自分の信念にも自信が持てる。
やってみて元気に育ってくれればそれがすべて。スギナが増える
のも意味があるのだ。今年は春先、苦土石灰も蒔かなかった。

レデースマントルは蒸れに弱いのでスギナを刈り込み
手でなでるように空気を入れたら不思議なほどイキイキした。

そうか、ハーブを愛でるとき手で優しく風を送るなで方をするのは
空気を入れる役目をしているのだったと改めて納得。

時間を作って蒸れそうな所のスギナを刈ってそのスギナは
頂いて、乾かして化粧水にしたり、お茶にしたり、粉末にして
食事の時、納豆や味噌汁に振りかけて使う。なんと素晴らしい事か。
ハーブは本当にムダが無い。

但し、ハーブの中には毒があるものもあります。使い方が分からない
時は使わないで下さい。極微量成分を資格のある専門家が薬として
使いますが一般には絶対食べたり飲んだりしてはいけないものです。

写真は上からバレリアン、ローズ(落ちた花びらを頂いてくるのを忘れた)
ジキタリス(ハーブでも毒草です。)フェンネル、ボリジ、マーレインのハーブたち。

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ