森のオオウバユリ

- -
2022.jpg

2021.jpg

薄暗い森の中でオオウバユリの花がラッパを吹くように
四方八方に花を開き始めた。

待ちに待った開花だ。一つの大きな塊がこんなに多くの蕾を
持っていたなんて・・・驚きだ。

蕾を見つけてから1ヶ月は待っただろうか。その間このオオウバユリは
たんたんと光合成をしながら花を咲かせる準備をしていたのだ。

名前の通り、姥のように歯が抜けることも無くユリとは思えない
大きな葉を青々と茂らせている。歯が抜けるのは茎についた
葉のことで青々した卵形の葉ではないようだ。
しかし、最近の高齢者が若くなったようにこの姥ユリも
「まだまだ枯れてなんかいられないわ」といわんばかり
元気に葉を茂らせる。地下の鱗茎に栄養分を蓄えている.。

この逞しさを見習いたい!!

ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
  写真  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ



ページトップ