季節の狭間で

- -
2500.jpg


2498.jpg
オフコースの僕の贈り物という歌の中で「夏と冬の間に秋を置きました。
.だから秋は何となく中途半端なのです。」というフレーズのとうり今日の森は
まだカナカナゼミが鳴いていました。かとおもうとリスが入り口まで出てきて
栃の実を捜していたりヤマボウシの緑の葉に赤い実がたわわに実りぼとぼと
と落ちてきます。

桜の木の下は赤や黄色や茶色の落ち葉がしかれ、針葉樹の下は緑の下草が
美しいのです。夏と秋の狭間を感じました。幸せな空間でした。


ランキングサイトに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。
   にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
ページトップ