05
2018

自分らしさが分からないという人は

CATEGORY日記
3926.jpg
「自分らしくがわからない」と言う人は人の顔色や評価を気にして
自分を演じてしまうので、他からの評価の高い人ほど素の自分が
分からなくなることでしょう。自分に戻ってほっとする時間を持たないと
神経が張り詰めて交感神経が優位になり本来の自分の良さが出なく
なって左脳の使いすぎの脳疲労を起こします。

名だたる物理学者や数学者は左脳を使っているようですが、
実は左脳の休め方が実に上手です。散歩をしたり、お風呂に入ったり、
昼寝をしたり、とその人が楽になる方法でひらめきを待ちます。

自分を受容できると自分の感覚が自分を守ってくれるので倒れるまで
頑張ることをしなくなります。いわゆる命の声は自分が好きな人ほど、
リラックスが上手な人ほど、感じやすくなります。すると、免疫力が高まり、
病気の予防にもなり、自分を活かす最善の方法を感じやすくするので生き
やすいことでしょう。

脳疲労は現代病で不眠や摂食障害や冷えで緊張状態の体をつくり
慢性疲労になって癌や糖尿病、認知症の原因になります。真面目で
一生懸命頑張っていることに自分の存在価値を見いだしている方は
正当なアロマセラピーで先ずは左脳が休まる熟睡感を感じてみて下さい。
よく寝た後の爽やかさと心からのヤル気が起きて生きていることの喜びや
感謝が湧いてくることでしょう。本来の自分らしさも命からの言葉として
感じられるはずです。

写真は東京近郊の竹林。温かい春の光りにキラキラ輝いていました。

ランキングサイトに参加しております。クリック応援していただけると励みになります。(^_^)v
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ   写真ランキング