13
2018

植物の命物語(花から実や種に)

CATEGORY日記
4157.jpg
美しい花の季節が一段落し、若葉が輝き、今は緑のグラデーションに心が和みます。

自然は偉大だなと思うのは花が終わって人間に興味を持たれなくなった時から
命の循環が始まる事です。公園や身の回りの草木を覗いてみませんか。
子供なら「とてもふしぎ」って感動するでしょうね。子供は発見が大好きだから・・

ボケの花も散り始めだんだんあのごつごつしたボケの実が成ることでしょう。
美しい花は蜂や蝶を誘う受粉の目的を完了すると惜しげも無く散っていきます。

ね!いつのまにか美しい花の中に実や種を作っている不思議。
そんな小さな命の循環の発見が毎日を心愉(たの)しくしてくれます。

ハナミズキの疑似花の中に実がチョコンと鎮座しています。
4160.jpg


からたちの白い花の中に愛らしいでべそのような実の赤ちゃんが
顔をのぞかせています
4159.jpg

4161.jpg
岩手大学のカリンの花は今が盛りです。
もう少しして花びらが散る頃、あの香りの良い大きなカリンの実の
赤ちゃんが顔を覗かせます。おたのしみに!!




ランキングサイトに参加しております。クリック応援していただけると励みになります。(^_^)v
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ   写真ランキング